徒然日記

徒然日記

掲載日:2017.03.16

3月16日 その3492『逢坂誠二の徒然日記』(5189)

夜明け前の都内、気温は3度程度。

空に雲は少ない。

日中は14度になる見込み。

今日は、原発ゼロの世話人会のため、
午前6時過ぎには国会に向かう。


1)森友学園問題

国有地が安く払い下げられた
森友学園問題だが、どうも真相が見えない。

土地がなぜ安くなったのか。

小学校設置の許認可が適切だったのか。

政治家の関与はなかったのか。

こうしたことを明らかにすべきだが、
籠池理事長などの個人問題に
帰着させたいとする雰囲気が見える。

この方向では、問題の真相が隠されてしまう。

もう一度、この問題を整理すべき時期に来ている。

今日は、参院予算委員会が
現地調査を行うことになっているが、
この問題の的をはぐらかされないように
しなければならない。


2)日印原子力協定

昨年11月、日印原子力協定に両国が署名した。

今後、国会で、その協定が議題となり、
国会で可決されると協定が発効する。

しかし、この協定は問題山積だ。

====



インドは核拡散防止条約(NPT)、
包括的核実験禁止条約(CTBT)に
加盟せず核兵器を保有した国。

この協定の締結は事実上、
日本がインドをあたかも
「核兵器保有国」として認めることになる。



この協定で日本はインドに対し
低濃縮ウランの製造と使用済み燃料の再処理を認める。

日本がNPT上の核兵器国以外に使用済み燃料の
再処理を認めたのはこの協定が初。

NPT、CTBTに加盟せず、
軍縮義務も負わないインドに対し
濃縮・再処理という特例措置を認めるなら、
それ以外の国がそうした特例を要望する時、
どのようにして拒否するのか。
 


協力の停止時に、協定の対象となる核物質や
施設の返還条項があるが、
協定内に核物質等の在庫目録を
交換する条項がないため協定対象核物質の把握が困難。

また輸出した施設や協定対象核物質は事実上回収困難。
 


この協定によってインドから巨額
の損害賠償請求が行なわれるおそれがある。

====

日印原子力協定によって、
日本からインドに原発輸出が可能になるが
この協定は課題山積だ。

この協定を締結すべきではない。

 

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.16  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

おおさか誠二(2017.03.16)|徒然日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのTOPへ戻る