徒然日記

徒然日記

掲載日:2017.08.12

8月12日 その3641『逢坂誠二の徒然日記』(5338 )

函館は雨の朝を迎えた。

気温は18度。

日中も21度程度にしか上がらない見込みだ。

昨日も、終日、外回りして看板補修などをした。

外回りの終盤になってから雨が降り始めた。

作業にはグッドタイミングだったが、
はこだて国際民族芸術祭の最終日としては、
最悪のタイミングとなった。

雨のフィナーレは何とも残念。


1)解散総選挙

地元を歩いていると、
以前に比較し自民党への批判を数多く聞く。

自民に変わる受け皿がなきゃ
ダメともよく指摘される。

一方、こんな時に民進党は何をしているのか
との厳しい声も多く、この声全く同感だ。

今回の蓮舫代表辞任や細野さんの離党は、
民進党にとって大きなダメージだ。

国民のことを第一に考えた
真の二大政党を目指すために、
野党はもっと堪える(こらえる)力を
持つべきだと思うが、胆力の不足を感ずる。

こうした中で、9月解散、
10月22日投票という日程が
急浮上している。

この日、私の政経セミナーが予定されているが、
この総選挙日程は、昨今の政治情勢を考えると
極めて現実的なものだと感ずる。

内閣の支持率は必ずしも堅調なものではないが、
野党第一党の民進党がモタモタしていること。

離党した細野さんや
都民ファーストが体制づくりの途上であること。

今の衆院の任期は、来年12月であり。
解散の適期は来年初夏くらいまでであること。

こうした諸情勢を考えると、
私はこの時期の解散可能性は十分にあると思う。

どんな状況になっても対応できるよう、
十分な心構え、体制づくりを進めなければならない。



さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.8.12 ==

おおさか誠二(2017.08.12)|徒然日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのTOPへ戻る