政策・理念

地域の元気それが日本の元気

財政難、少子高齢化、地域活力の衰退、国際社会の複雑化など、日本を取り巻く環境は混沌としています。
特にここ20年あまり、日本の進むべき方向や国づくりの理念が見いだせておりません。
このことが日本昆迷の大きな理由になっています。
主権者である一人ひとりの国民が主役となる「真の民主主義」が、我が国において今ほど必要な時代はありません。
情報公開を基礎とした「熱議」、さらに私の本籍である「自治」の活動を強化し、日本の明確な進路の確立と真の民主主義の実現を目指します。

基本理念 基本理念 基本理念

基本理念

地域の特性を活かした経済循環

地域の一次、二次、三次産業連携による循環型経済の実現に取り組みます。
「国際水産海洋都市構想」、「フード、コンプレックス構想」に取り組みます。
道南の歴史と文化を生かした観光の活性化を図ります。

安心して暮らせるまちづくり

医療・福祉・社会保障を重視した予算により、安心の基盤を強化します。
自治体や民間団体とも連携し、雇用の確保を図ります。多様な担い手による「新しい公共」の考え方により、ぬくもりと厚みのある地域づくりを推進します。

環境を守り、安全な地域づくり

再生可能エネルギーの利活用促進など資源循環型社会を目指します。
現行の原子力政策の十分な点検と見直しを行い、地域の安全を確保します。
森林の整備強化により、水、空気、土地などかけがえのない地球資源を守り、人にやさしい地域の実現をめざします。

暮らしの基盤整備

北海道新幹線や高速道路の早期実現、利便性が高く安全で効率的な交通網の整備等、社会基盤の充実を図ります。
地震、津波、火山災害等に強い地域づくりを推進します。

個性を育む教育

学校教育から生涯教育まで、人生のあらゆる場面での教育の充実を図ります。
少人数学級の実現、私学助成制度の拡充を図ります。

情報公開と説明責任の徹底

行政のムダ遣いを検証し、説明責任を果たす情報公開制度の充実に取り組みます。
オープンミーティング、おおさか政治塾などの積極開催により、国民の皆様の声を伺うと同時に、私の政策を確実に伝える機会の拡充に取り組みます。

政策・理念に対する具体的な活動

おおさか誠二は、日々の活動、思いをブログ(「徒然日記」)に綴っています。併せてご覧ください。

徒然日記最新5件

2017.03.263月26日その3502『逢坂誠二の徒然日記』(5199)
函館はスッキリと晴れの朝を迎えた。 何とも爽快な気分だ。 北海道新幹線の開業から今日で一年となる。 移動のバリエーションが広がり、 道南地域のへの来訪者が確実に増えている。 この良い動きをさらに加速できるよう 取り組まねばならない。...
2017.03.253月25日その3501『逢坂誠二の徒然日記』(5198)
今週は、風邪というアクシデントもあったが、 朝から晩まで、国会活動に没頭した。 特に法務委員会の仕切は、何かと気苦労が多い。 21日、世間が注目する共謀罪が閣議決定され、 その議論開始に向け、より一層、責任が重くなる。 また司法修習生...
2017.03.243月24日その3500『逢坂誠二の徒然日記』(5197)
昨日の国会は、 森友学園の籠池理事長の 証人喚問一色の雰囲気となった。 色々と衝撃的な発言があったが、 その多くに関し、真実かどうかの 裏付けはまだ取れてはいない。 したがって籠池理事長自身も指摘したとおり、 関係者から話を聞く必要があ...
2017.03.233月23日その3499『逢坂誠二の徒然日記』(5196)
今日は、iPadを国会に忘れてきたため生存証明のみです。風邪の調子は、少し良くなりました。ご心配をおかけしております。== 2017.3.23 ==まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://ohsaka.jp/magazin.html
2017.03.223月22日その3498『逢坂誠二の徒然日記』(5195)
昨朝から激しい喉の痛みに見舞われている。 化膿したような鼻水と微熱が続く。 診察の結果、 インフルエンザではないと診断された。 しかし少し休むようにとの指示だ。 昨日は、総務委員会、法務委員会で質疑があったが、 今日も法務委員会で質...

このページのTOPへ戻る