おおさか誠二が道南で実現したこと

北海道新幹線や港湾など交通ネットワークの整備を進めました。

  • 新幹線予算の北海道重点配分を実現:平成24年度は1,124億円
  • 札幌延伸決定:推進議連の幹事長として取り組み、自民党政権で実現できなかった札幌延伸を決定
  • 江差港(江差町)、瀬棚港(せたな町)の整備
  • 美谷トンネル防災事業(せたな町)の実現
  • 227号トンネル(中山峠)改修に目途

/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_01.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_02.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_03.jpg

救命救急や物流、観光の大動脈として幹線道路網の整備を進めました。

/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_04.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_05.jpg

  • 北海道縦貫道:大沼公園ICまで開通(2012年11月)
  • 函館江差道:北斗茂辺地ICまで開通(2012年3月)、次は木古内へ順調に延長。
  • 新外環状道路:函館IC-赤川IC(仮称)2014年度開通予定
    新函館駅(仮称)開業までに縦貫道と結節し、函館空港まで
  • 雲石道路(八雲町)の改良:八雲・熊石までの利便性の向上
  • 長年の懸案であった鹿部道路(鹿部町)の開通
  • 尾札部道路(函館市)の整備:旧道からバイパスへ

一次産業を支える農業、林業、漁業の応援をしました。

/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_06.jpg
  • 漁港や養殖場の整備:白神漁港(松前町)、青苗漁港(奥尻町)、八雲漁場(八雲町)、砂原漁場(森町)など
  • 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた鹿部、森、八雲、長万部など噴火湾のホタテ養殖施設再建のため被災3県並みの高率な補助制度を実現
  • スケソウTAC枠の拡充:漁獲量に応じた次年度枠の前倒しを初めて実現
  • 農業ハウス雪害対策:2012年豪雪による多くの農業ハウス被害に対し、激甚災害指定を求め多くのハウスを再建
  • 農業基盤整備:大野平野の促進、今金地区は概算予算に計上
  • 林業振興:森林整備のための基金事業や推進事業予算を確保し、林業環境が好転
/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_07.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_08.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_09.jpg

医療・介護や教育、くらしを守りました。

/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_10.jpg
  • 診療報酬の増額改定:市立函館病院の黒字化町立松前病院、木古内町国保病院などの自治体病院の経営が改善
  • 地域医療再生計画の認定:八雲総合病院の精神病棟改築市立函館病院のMRI更新道立江差病院で産婦人科が再開予定など、地域医療が充実
  • 介護報酬の増額改定:老人福祉施設などの経営安定に寄与
  • せたな町、厚沢部町、八雲町などで老人福祉施設の新設や改築が実現
  • 高校授業料無償化:親の所得による教育格差の是正、中途退学者の減少、半額補助により私立高の割合が高い道南の高校生にも多くの恩恵
  • 奥尻町のガソリン価格引き下げを実現:離島における割高価格の緩和策として1リットルあたり10~15円の補助を実現
  • 消防自動車の導入(松前町ほか)
/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_11.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_12.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_13.jpg

これらもおおさか誠二が取り組みました。

/wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_14.jpg /wp-content/themes/bplan/img/pr-dounan_img_15.jpg

  • 合併特例債や過疎債の適用期限延長:これにより、緑の島函館アリーナ(仮称)(函館市)の整備や文書管理システム導入(松前町)、八雲小学校の改築(八雲町)など多くの自治体で新しい事業を実施
  • 消防無線デジタル化に対する支援:全額市町村負担となっていましたが、国の補助を導入し函館をはじめ、渡島桧山の消防本部等が施設設備を推進
  • 北海道フードコンプレックス特区の指定:規制緩和に加え、財政や税制、金融による支援が受けられる特区制度を新設。函館市の国際水産・海洋都市構想が大きく前進
  • NPO法改正:認定NPO法人への寄付を税控除の対象とした
  • 公文書管理法の施行
  • 国と地方の協議の場法の成立
  • 光をそそぐ交付金でDVや点字図書館への対応など弱者対策実現
  • 地方交付税を3年間で、4.3兆円増額確保し、地方財政の好転に大きく寄付

政策・理念に対する具体的な活動

おおさか誠二は、日々の活動、思いをブログ(「徒然日記」)に綴っています。併せてご覧ください。

徒然日記最新5件

2017.04.274月27日その3534『逢坂誠二の徒然日記』(5231)
夜明け前の都内、雨が降っている。 朝の気温は12度。 日中は19度程度になる見込みだ。 雨は国会に向かう頃には上がるだろう。 1)やはりおかしいぞ 国民の皆様には分かり難い話だが、 法務委員会で答弁者として、 法務省刑事局長が強...
2017.04.254月25日その3532『逢坂誠二の徒然日記』(5229)
昨朝もいつものように、 函館市内三箇所で街宣活動を行った。 今回は、見付宗弥前函館市議も一緒の活動だ。 その後、法務委員会の与野党協議や、 弁護士の皆さんとの勉強会のため昼には国会入り、 国会と議員会館を走り回った。 夜は二つの会合を...
2017.04.244月24日その3531『逢坂誠二の徒然日記』(5228)
函館の夜明け前、空に雲は少ない。 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、 紫だちたる雲のほそくたなびきたる。 有名な枕草子の一節を思い起こさせる朝だ。 昨日は、後援会の皆さんが、 木古内、そして長万部で 陽春の集...
2017.04.234月23日その3530『逢坂誠二の徒然日記』(5227)
函館は、雲の少ない朝を迎えた。 朝の気温は4度。 日中は昨日よりも高く14度程度になる見込みだ。 昨夜、鹿部町で、 後援会の皆さんにお世話になって、 陽春の集いを開催頂いた。 酒を酌み交わしながら、 参加された皆さんと色々な話をさせ...
2017.04.224月22日その3529『逢坂誠二の徒然日記』(5226)
昨日は、午後5時過ぎまで、 法務委員会に出席し、その後、記者会見。 さらに国対委員長らと打ち合わせ、 そして取材などを受ける。 昼食をとる隙間もなく走り回ったため、 東京駅で、ざる蕎麦をビールで流し込んで、 東京駅発最終の新幹線に飛び乗...

このページのTOPへ戻る