徒然日記

20年3月10日 その4582『逢坂誠二 の徒然日記』(6279)

9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に下落し、
前週末比1050円99銭安の1万9698円76銭。

終値が2万円を割り込むのは2019年1月4日以来です。

9日のニューヨーク株式市場も急落し、
前週末比2013ドル安の2万3851ドル(速報値)となりました。

新型コロナウイルスの感染拡大や原油急落が
世界的な株価下落の引き金となって、
世界的に株式市場が大混乱の様相となっています。

今日の東証株価市場の動向も全く予断を許さず、
これまでの日銀や政府による株の大量購入などによって
実態経済と解離した株高が急落する懸念も払拭できません。

学校の一斉休業や大規模なイベントの要請などもあり、
国内景気の減速に拍車がかかる状況ですが、
国民生活を守るため政府は従来の枠組みを超える
大胆な経済対策を早急に講ずる必要があります。

本日、政府は新型コロナウイルス感染症対策の
第二弾を発表する予定ですが、
その対策が十分でない場合は、
早急にさらなる対策を行う必要があります。

特に減収減益となっている事業者や
生活が立ち行かない個人への
直接的な財政支援など幅広い対策が必要です。

新型コロナウイルス感染症による
経済や生活の混乱に加え、
自殺リスクの高まりも懸念されます。

国民の命を守るという強い決意をもって、

この危機的状況に対処しなければなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2020.3.10===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ここに書いてはいけないかもしれませんけど
    ある人がウィルスを即死させる機械を考え、検証実験に成功しました。
    でも、それは、まだコロナでは行われていません。
    それを政府に伝えたのに返答がなかったようです。
    この緊急事態になぜ、その機械を使ってみようとしないのでしょう。
    私にもその機械の事はよくわかりません。
    でもインフルエンザとかに効くようなので、コロナにも使ってみたらいいのに。
    ダメで元々。効けば苦しんでいる人が助かるし感染者も減る。
    国民が元の生活に戻れるのに。
    亡くなられた人のニュースに心が痛みます。
    何か効果があるかもしれないのに、ほんとに拡大を止めようと思っているのか、
    国民の命を守る気があるのか。
    安全性とか問題があると思っているかもしれないけど、それは感染した人が決めればいいと思う。自分の命ですから。もし自分が感染して死んでしまったら国に殺されたって思うでしょう。亡くなる人がいない感染症ならいいけど、増えているのに、何も思わない政府が許せない。これ以上増やさないって思っていない。
    逢坂さんが総理なら使ってみようと思われるでしょうか・・・

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です