徒然日記

20年12月23日 その4870『逢坂誠二 の徒然日記』(6567)

函館の朝の気温は氷点下2度程度です。

昨日、日本海の中国漁船違法操業について、
外務省からヒアリングをしております。

====
日本の排他的経済水域(EEZ)での中国漁船の操業に関し、
外務省は、中国に、違法操業の解消に向け
実効的措置をとるよう繰り返し申し入れを行っている。

今年は11月24日に茂木大臣から王毅外相に
申し入れたことなどをはじめ
局長級申し入れなど7回実施している。

申し入れの際は、違法操業中の写真を見せるなど、
具体的な事実を示している。

中国もEEZでの操業は違法と認識している。
====

上記のような状況ですが、違法と認識しつつも、
それが解消されていないのが実態です。

水産庁、海上保安庁、外務省には、
継続して、違法状態の解消に向け、
強い態度で臨むよう要請します。

====
昔は夏至の頃の日の出が好きでしたが、
最近は冬至の頃の朝も気に入っています。

朝は余裕があれば、
散歩するように心がけています。

昨朝も朝5時半頃に家を出て、
5キロ程度歩くことができました。

昨朝は良いものを見ることができました。

国際宇宙ステーション(ISS)です。

南の空に1等星程度の光を放つ星が輝いています。

何の星か分かりません。

眺めているとゆっくり移動しています。

飛行機?と思ったのですが、
どうも様子が変です。

ISSかもと思いつつ、
散歩のペースを落として、
天空を横切るまで見ていました。

帰宅後、ネット検索すると
昨日はまさにISSの観察の好機でした。

偶然でしたが、良いものを見ることができました。

早起きは三文の徳を実感しています。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.23===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です