徒然日記

憲法改正に踏み込む総理/逢坂誠二 #7701

【24年2月1日 その6004『逢坂誠二の徒然日記』 #7701】 今日も寝坊してしまいました。朝は晴、6度。日中も晴で16度の予報。夕方には雲が多くなる見込みです。
1)憲法改正に踏み込む総理 一昨日の総理の施政方針演説、さらに昨日の国会答弁、いずれも裏金事件についての、実態解明の覚悟は感じられません。言葉だけは「火の玉」になると言っているようですが、逆に国民の怒りの火が増大する答弁です。
一方、憲法改正には踏み込みました。
「まずは、憲法改正です。衆・参両院の憲法審査会において、活発な議論をいただいたことを歓迎します。国民の皆様に御判断をいただくためにも、国会の発議に向け、これまで以上に積極的な議論が行われることを期待します」
と話した上で、「あえて自民党総裁として申し上げれば」と前置きをして、
「自分の総裁任期中に改正を実現したいとの思いに変わりはなく、議論を前進させるべく、最大限努力したいと考えています。今年は、条文案の具体化を進め、党派を超えた議論を加速してまいります。」と、話したのです。
*総理ではなく自民党総裁として言及 *任期中に改正を実現したい *条文の具体化を進め *党派を超えた議論を加速してまいります
総理はこんなことを言っているのですが、本当に驚きです。
驚き1: 予算委などの答弁では、自民党総裁としての発言は極力控えているが、今回は、あえて「自民党総裁として」言及したこと
驚き2: 「任期中」と明確に期限を区切ったこと
驚き3: あたかも自身が、「条文の具体化」を進めるかのように言及したこと
驚き4: 党派を超える「議論を加速」、これも自分が加速させるかの言い振り
ここまで総理が踏み込むのですから、総理からその真意を語ってもらうのが妥当なことだと考えます。
さあ今日も、ブレずに曲げずに、確実に前進します。 ===2024.2.1=== 逢坂誠二への個人献金はこちらです。 ohsaka.jp/support/donation.html
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です