12月2日 その1590『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.12.02



夜明け前の都内、
空全体に雲が広がっています。

暖房のない部屋、寒さで目が覚めました。

外気温は5度程度のようです。

都内としては随分と気温が下がりました。

日中も9度程度にしか上がりません。



1)各種委員会
昨日は、私の属する4つの委員会のうち
三つが立て続けに開催され、
掛け持ちしつつ、出席しています。

総務委員会では、
震災地域対応の地方税法の一部改正法案が議論され、
全会一致で可決成立しています。

憲法審査会では、自由討論が行われました。

郵政特別委員会では、
ようやく郵政改革法案の
提案理由説明が行われています。

本当にやっと、という感じですが、
野党の皆さんとも協議のうえ、
何とか早期の成立を図りたいものです。



2)大阪都構想
いわゆる「大阪都構想」について、
色々な問い合わせが寄せられています。

橋下新市長のこれまでの話からは、
「大阪都構想」がどのようなものであるのか
具体が示されておらず、
正直なところコメントし難いのが現実です。

しかし、
二重行政を解消するなどの方向性は、
理解できるものです。

====

国では、
この大阪都構想と
特に連動しているわけではありませんが、
第30次地方制度調査会において
「我が国の社会経済、
地域社会などの変容に対応した大都市制度のあり方」
について議論される予定になっています。

これは現下の日本情勢を考えると極めて重要な論点です。

====

大阪都構想の基本は、
地元、大阪府内で十分な議論をすることです。

構想の内容を明らかにして、
地元の合意を得る作業が肝要です。

その上で、
どう制度変更を行うべきなのかを、
国と協議すべきです。

地元の方向が十分に定まらない中で、
府等の要請に応じて
国がこの問題をリードするのは、
必ずしも良い方法ではありません。

地元で愚直に議論を積み上げることが大切なのです。

私がこうした主張をすると、
そんな住民任せのことをしていたら、
構想の実現が叶わないとの反論もあります。

しかし、地域がどうあるべきかは、
上意下達的に押し付けられるものであってはなりません。

地元の皆さんの十分な議論と理解、
その上での納得があって、
初めて確固たる実現が可能になるのです。

今回の大阪都構想は、
市町村合併以上に、
自治のあり方を変えるものだと推測されます。

現実の自治の形について、
仮にそれが不合理なものであったとしても、
住民の皆さんには、
様々な思い、愛着があります。

この思い、愛着が、
自治活動の原動力の一つになっていることを
忘れてはなりません。

自治の形を変える際には、
十分な議論が必要であり、
他からの押し付けは、
住民の思い、愛着を阻害することになりかねません。

====

他方、日本の各地の現実は、
人口、産業構造、歴史、地理や気象条件も多様です。

したがって、全国一律の画一的な自治のあり方では、
その地域のニーズに十分に応えられるとは限りません。

自治のあり方についても、多様さが必要です。

したがって、
地元で十分な合意が図られるのなら、
自治のあり方の変化について、
国も十分な対応をすべきです。

この際、全国に一律に適用される関係法令の改正であるか、
特定の自治体に適用される特別法等の手法を用いるべきか、
議論が分かれるものと思います。

今回の大阪都構想が、
現在の大阪府のみに適用される制度であるならば、
憲法95条の規定による
住民投票が必要になるものと思います。

住民投票の前提は、やはり十分な情報提供と議論です。

色々なてんから考えて、
大阪都構想は、
上意下達的勢いや多数決で決めるべきものではなく、
十分な議論が必須なのです。



早朝から、会議が目白押しです。

今日は上弦の月です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・12・2 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください