9月4日 その2984 『逢坂誠二の徒然日記』(4628)

掲載日:2015.09.04



都内は、一晩中ずっと雨が降っていたようだ。



基本的に私の起床時刻は午前4時だが、

今日はなんとそれよりも

2時間も早く目覚めてしまった。



脇腹を何かの虫にくわれたようで、

あまりの痒さで寝ていられなくなったのだ。



痒み止め薬を塗って、

激しい痒さはちょっと和らいだが、

一度、目覚めると

あれこれやるべきことを考えて

眠れなくなってしまった。



昨日の日記で、

睡眠、栄養、運動の重要さを書いたが、

大事な睡眠時間の確保がままならない状態なった。



せっかく頂いた朝の時間を有効活用しようと思う。







1)大間原発

昨日、久々の衆院原発特委が開催された。



私も大間原発に関し質疑に立たせて頂いた。



==以下、主な答弁==



Q:

昨年12月にJパワーが

原子力規制委員会に申請した

大間原子力発電所の

新基準適合審査の見通しについて



A:

事業者の対応によるところも大きい。

自然、外的起因事象となる

地震、津波とかいろいろな評価会合もまだ途中。

今後、どういう進展をするかは、

予断を持って申し上げられる段階ではない



Q:

原子炉立地指針の

非居住区域要件、低人口地帯要件に、

大間原発は反しているのではないか



A:

指針に定める線量を超える被爆がないような

手だてをお願いしている

(人口については言及なし)



Q:

大間原発の設置目的は何か



A:

設置許可申請に書かれている

使用目的は商業発電用



Q:

大間原発で発電される電気の購入予定者はどこか



A:

北海道電力、東北電力、東京電力、

中部電力、北陸電力、関西電力、

中国電力、四国電力、九州電力の9社



Q:

なぜ全国9社もの電力会社が電力を購入するのか



A:

MOX燃料を使う発電、すなわちプルサーマルは、

一般電気事業社全体で進めている。

それぞれの原発から発生する使用済み燃料の

再処理を経た後の資源の再利用を促す、円滑に行う観点から

各電力会社がそれぞれプルサーマル推進に取り組んでいる。

大間は全体の四分の一ほどのMOX燃料を使用する重要な発電所



Q:

大間原発と他の原発の発電単価は



A:

競争上の問題もあり、政府として答える立場にない



Q:

MON燃料と一般のウラン燃料の製造単価は



A:

事業者間の契約で個別に定められるもので

政府としては承知していない



Q:

国内製造MOX燃料と国外製造MOX燃料の価格の違いは



A:

民民の契約に係るもので承知していない



Q:

燃料単価も発電単価も把握しないで

核燃料サイクルを進めるは無責任ではないか



A:

民間事業者としての競争契約といった面から

公表できない状況。

全体感の中でこのプロジェクトを把握し検討している



Q:

フルMOXで発電するのは大間原発しかない。

競争も何もないのではないか。



A:

国民に負担していただく電気料金の問題もあり

経済産業省としてしっかり精査を重ねる



Q:

大間原発からの温排水の量と温度、

さらに何らか化学物質の添加はあるのか



A:

温排水の排水量は、毎秒91立方メートル。

冷却水の温度上昇は摂氏7度以下。

温排水に塩素は含まない。

(その他の化学物質については言及なし)



==以上、主な答弁==



昨日の答弁を聞いて呆れるのは、

政府は、民間の競争を理由にして

核燃料サイクルや大間原発の

コストなどを把握していないこと。



こんな杜撰な状態で、

国家プロジェクトが進むことに恐ろしさを感ずる。



また大間の温排水は、

水深1メートルで

川幅90メールの新規河川が出現するようなもの。



しかも海水温よりも最大で7度も高い水が

海に流れ込むことになる。



これで海の環境が変わらないはずがない

と直感的に思う。



====



大間原発については、

質問すべきことが山のようにある。



しかし今後の委員会開催の見通しは見えない。







2)川内原発の避難計画

先月14日、NHKテレビ「ニュースウオッチ9」で

安倍総理は川内原発の避難計画について

次のように発言した。



「10?圏内のみなさまについてはですね、医療や福祉施設に入っておられる方も
含めて、要支援者の方々については、お一人お一人について、避難先や避難手段
はもう特定しています。また住民避難のためのバスも確保しています」



避難計画が完璧であるかのような発言に聞こえる。



昨日の委員会質疑と

事前の事務方からの聞き取りによれば、

避難計画は総理が胸を張るべきものではないようだ。



==主な質疑==



Q:


避難受入れ施設の「受け入れ可能人数」とは何か



A:

PAZ内7施設は、1対1の関係で避難先施設が決定している。

計画上は(受け入れ人数以上の)ベッドがあるが、

被害が生じたときにそれがあるかどうかは、

そのときにチェックしなければ分からない。



Q:

本当に受け入れ可能ベッドがあるのか。

事務方からの聞き取りでは、

必ずしもベッドがあるわけではなく、

会議室やロビーなどの空きスペース等であり、

数日程度から長くても10日程度

避難できる人数とのことであり、

総理発言は適切とは思われない。



A:

地域の方と相談して数字を出した。

その数字がそぐわない場合には

県が今調整をすることで話し合いを進めており、

ご理解を賜りたい。



====



結局川内原発の避難計画は、

総理は発言から受ける印象とは違って、

政府は具体的な答弁ができない状態になっている。



総理の川内原発避難計画に関する発言は、

福島原発の汚染水は完全にコントロールされていると胸を張った

オリンピック誘致発言と同様に感じられる。



酷い話だ。



避難計画は、大間原発に関しても肝になるものだ。



これからも確実に問題点を追及し、

大間原発建設を凍結しなければならない。







今日もしっかりと前進します。

============

      2015・9・4

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









2 Responses to 9月4日 その2984 『逢坂誠二の徒然日記』(4628)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください