9月5日 その2985 『逢坂誠二の徒然日記』(4629)

掲載日:2015.09.05



今日は、

朝から日記が書けない状態が続き、

気づいたら夕方だ。



一日のスタートの日記では

なくなってしまった。







1)樺太引揚

今日は、函館市役所前で開催された

樺太引揚者上陸記念碑記念祭に出席した。



今年で39回目になる。



====



私の父の本家は青森だが、

父の生まれは樺太だ。



父の姉は、

樺太からの引揚船が留萌沖で攻撃され、

帰国することはできなかった。



父の兄の

妻、そして子供は、

樺太で戦闘機による機銃掃射で殺害された。



====



私が子供のころ、

戦前戦後の樺太のことを、

繰り返し父から聞かされた。



そんな意味で樺太と私の縁は

切っても切れない。



とにかく戦争は駄目だ。



どんな戦争であっても、

それは悲劇の積み重ねになる。



今日の記念祭の最中、

私の頭の中は、

父から聞いた樺太一色に染まった。







今日も、残された時間しっかりと前進します。

============

      2015・9・5

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください