9月9日 その2989 『逢坂誠二の徒然日記』(4633)

掲載日:2015.09.09



台風18号の影響で、

都内は一晩中雨が降っていたようだ。



各地で大雨の被害も出ている。



台風のスピードが遅く、

今後も各地で雨が続く。



しかも必ずしもピンポイントで

雨の予測がついていない雰囲気がある。



危ういと感じたら、早めの対応が必要だ。







1)スウェーデン議会

昨日、スウェーデン議会の一行が来日され、

私も超党派議連の一員として

皆さんと懇談させて頂いた。



来日したのは、

ウルバン・アリーン議長、

ビヨーン・セーデル第二副議長をはじめ

与野党のグループリーダーなど

10名を超える皆さんだ。



来日の目的は三点。





福祉分野でのロボット技術活用状況





新幹線など高速鉄道





原発や再生可能エネルギーへの対応



まさにタイムリーな課題を対象にした来日だ。



====



質問したいことは数多くあったが、

私からは、エネルギーについて伺っている。



====



Q:

スウェーデンは、

総発電量に占める原子力発電が4割と高いが、

新政権は段階的に

再生可能エネルギーへの代替を進める方針。

その現状と課題は。



A:

その質問には答えが二つあるかもしれない。

(つまり国内の意見が割れているという意味に受け取れる)

今後10〜15年で、新しい方向に進むことになるが、

明確な方向性がない。

気候変動のへの対応が必要。

ロシアのオイルに依存することもある。



====



回答を聞く限り、スウェーデン社会も悩んでいるようだ。

(だからこその日本視察なのだろう。)



スウェーデン側からは、

日本の子育て支援の状況、

福祉介護分野での外国人労働者の状況など

これらについての質問があった。



スウェーデンから学ぶことは多い。



貴重な機会となった。







2)安保法制

昨日の参院特別委員会では、

安保法制に関する参考人質疑を行っている。



====



与党推薦の参考人:



危機は何でも起こりうるからこそ、

あらゆる事態に対応できる法的枠組みを

準備しておかなかればならない



====



この発言からは、

立憲主義や法的安定性への配慮は

感じられない。



====



野党推薦の参考人:



集団的自衛権の行使は、

憲法9条の下で許容できる余地はないのに、

憲法解釈の変更と称して許容し、

各種の施策を講じることは、

内閣が閣議決定でなしうる範ちゅうを超え無効と解すべき。



『最高裁判所は、合憲と判断している』

と国民を誤って導くに至ったのは、

内閣法制局が是正しなかったことに発端があり、

後輩や現役の人たちはもう一度考えてもらいたい。



====



周辺環境の変化に応じて憲法の規定に拘わらず、

融通無碍に法律が制定できるなら、

憲法の存在意義はない。



しかも周辺環境の変化が、

それほど窮迫なものであるとの説明もない。



安倍総理は、個人的色彩の強い思い込みで、

立憲主義や平和主義を壊してはならない。



そんなことをすれば、日本の将来に大きな禍根を残す。



安倍総理は、もっと冷静に丁寧に懐深く、

説明をすべきだと思うが、

総理の雰囲気を見るとその余裕は全く感じらない。



常軌を逸した狂人のような雰囲気が漂う。



====



こうした中、昨日、

与党は今後の審議日程を

野党との合意がない中で決めた。



中央公聴会を15日に開催。



そうなれば16日の特別委で

採決に臨む可能性が高い。



こんな不十分な議論で、

違憲との指摘相次ぐ法案を

成立させてはならない。



この法案に賛成する皆さんは、

日本の将来に本当に責任が持てるのか、

日本の立憲主義に対する誠実さはあるのか、

よく考えて頂きたい。



あと一週間、日本社会は

大きな危機を迎えることになるが、

何としてもこの危機を回避せねばならない。







地元に戻れば地元で、

国会に来れば国会で、

それぞれフル回転の日々が続く。



大局観を失わずに、

具体的な仕事に力を尽くさねばならない。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

      2015・9・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 9月9日 その2989 『逢坂誠二の徒然日記』(4633)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください