9月11日 その2991 『逢坂誠二の徒然日記』(4635)

掲載日:2015.09.11



昨夕、帰函し、夕方から地元活動に入った。







1)大雨被害

台風と低気圧によって

各地で大雨による甚大な被害が発生している。



茨城県常総市では堤防が決壊し、住宅が流される等、

大変な状況になっている。



小貝川近くに住む私の知り合いの家も、

2階まで冠水し、一家そろって避難した。



今の時点で、被害の全体像は見えないが、

一刻も早くおさまって欲しい。



====



最近の天候は、局地的で予測が難しい。



従来の災害への備えでは、対応できそうにない。



防災に対する考え方を

早急に再検討しなければならない。







2)安保法制を廃案に

昨日18時15分、函館市内で、

安保法制を廃案にする集会とデモ行った。



低気圧の影響で強い風が吹き、

小さな粒、小糠の雨が吹雪のように舞う中、

700人程度の皆さんが集まった。



市内の弁護士さんにもマイクを握って頂き、

絶対反対の声を上げて頂いた。



参院特別委員会では、

16日にも強行採決されるとの観測が広がっている。



今回の法案は、防衛政策の変更ではない。



立憲主義という、法治国家としての基本ルールを突き崩す、

社会の対するテロともいえる蛮行だ。



だから弁護士会などの皆さんや

元最高裁長官まで反対しているのだ。



安倍総理に、こんなことが分からないとすれば、

法治国家で政治家を担うための基本的資質が

欠如しているとしか思われない。







今朝の函館も雨になっている。



改めて今回の大雨で被災された皆さんに

お見舞い申し上げると同時に

今後の対応に全力を尽くさねばならない。







今日正午からの本会議に備え、

朝の便で再上京だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

      2015・9・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 9月11日 その2991 『逢坂誠二の徒然日記』(4635)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください