9月17日 その2997 『逢坂誠二の徒然日記』(4641)

掲載日:2015.09.17



昨日の国会は異様な雰囲気だった。



参院安保特委は新横浜で地方公聴会を行った。



その後、東京に戻り、締めくくり総括を行って、

委員会採決を行うという。



違憲と指摘が多く、国民の多くが反対する法案を、

こんな強行日程での採決することはあり得ない。



結局、今日未明まで参院は揉め、

委員会開催は今日に持ち越された。



今朝は、日記を書くいとまもなく、

二時間だけの仮眠をとって、

再度、国会に戻った。



====



今日も朝から、民主主義とはかけ離れた異常な状態が続く。



8時50分から参院安保特委理事会の開催とのことだったが、

直前になって理事会室ではなく委員会室で開催するとの通知。



こんなことはあり得ない対応だ。



その後の委員長解任動議後の

委員長選任も瑕疵が疑われる始末。



結局午後になって、

委員長解任についての討論が行われている。



今後の安保法案の行方は分からないが、

与党は強行採決も目論むとの噂が飛んでおり、

予断を許さない。



====



函館市議会も緊迫した状態だったようだ。



今日の市議会最終日、

「安全保障関連法案の

 今国会での成立に反対するとともに、

 政府の主張について明確な説明を求める意見書案」が、

賛成14、反対15で否決となった。



否決されたのは、誠に残念だが、

86人分の傍聴席が全て埋まり、

入室できない方もいたという。



この事実は大きい。



こうした意見書に反対し、

今回の安保法制に賛成する議員を、

次回は落選させる旨のネット上の書き込みがあるが、

そう思う人は多いものと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。

============

      2015・9・17

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 9月17日 その2997 『逢坂誠二の徒然日記』(4641)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください