9月20日 その3000 『逢坂誠二の徒然日記』(4644)

掲載日:2015.09.20



路面が濡れているが、雨は上がった。



函館は明るい朝を迎えた。







1)安保法制

昨19日未明、安保法制が強行的に成立させられた。



衆参の審議は、本当に酷いものだった。



総理や閣僚の答弁は、支離滅裂だった。



通常なら毎日、新聞紙面のトップを飾るような

駄目な答弁ばかりだったが、

その駄目な答弁が多すぎて、

いちいち話題にできないという

異常な状態になってしまった。



滅茶苦茶な答弁が日常になってしまったのだ。



====



国会運営も特定秘密保護法のときと同様に酷かった。



参院の最終盤は、理事会室を突然変更したり、

締めくくり質疑をさせないなど、

騙し、まやかしの連続だった。



参院の特別委員会の採決は、

議事録が作成できないほどの混乱状態だった。



国権の最高機関と位置付けられる国会の品格が、

安倍政権の横暴によって、地に落ちた感がある。



====



今回の安保法制の問題は枚挙にいとまがないが、

簡潔に言えば次の三点が大問題だ。





憲法に違反していること





法律を制定する理由(立法事実)がないこと





多くの国民が反対しているが、

それに応えられないこと



====



一昨夜の衆院本会議の閣僚席は酷いものだった。



戦後日本の平和主義を

大転換させる重要法制が決まろうとしている

その瞬間の態度とは思われない閣僚が多かった。



野党議員の演壇での発言を嘲笑するかのように笑ったり、

船を漕いだりする閣僚もいた。



議場の与党議員も寝たり、笑ったり、離席したりと同様に酷い有様だ。



野党議員の討論などを無視するかのような輩も多い。



これほどの決断をするからには、

それなりの覚悟が必要なのだが、

日本の大転換の大きな鍵を

自分たちが握っているとの自覚、

責任の重さを理解していない。



こんな方々が、

今回の安保法制の後押しをしているのかと思うと、

なんともやり切れない思いがこみ上げてくる。



やはり選挙しかない。



次の選挙も、その次の選挙も、

こうした横暴を止めるために、

一票の力で変えるしかないのだと思う。







この日記は、今日で3000回目となる。



町長室日記から通算すれば4644回だ。



皆さんに支えられて今日を迎えている。



多くの方々に感謝したい。



さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・9・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 9月20日 その3000 『逢坂誠二の徒然日記』(4644)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください