10月6日 その3016 『逢坂誠二の徒然日記』(4658)

掲載日:2015.10.06



TPPが大筋合意したという。



TPPには大きな懸念がつきまとう。



自由な経済活動は、

原則的には尊重されるべきだ。



====



しかし自由な経済活動には、

格差を助長し、各地域の文化を崩壊させる

側面を持っている。



今回の交渉では、

こうしたことに対する配慮は

微塵も感じられない。



自由な経済活動の暴走をどう制御するのか、

その議論は必須だが、

情報が一切公開されない中で、

そうしたことに対する具体的な議論すらできない状態だ。



====



TPPには地域経済のブロック化、

保護主義化の側面がある。



TPPに参加しない国を排除する可能性を生ずる。



このことがもたらす弊害は、第一次世界大戦以降、

世界は嫌というほど感じたはずだが、

今回はその轍を踏まないようにしなければならない。



====



あらためて思う。



全く情報が公開されない中で、

こんな重要な交渉が進んできたことは、

民主主義にもとることだ。



国会の批准議論でも、

どの程度の情報が公開されるのか全く不透明だ。



====



一次産業、社会保障など、個別分野への影響も、

全く議論されていない。



特に日本の皆保険制度への影響が懸念されるが、

このことに対する警鐘は、極めて少ない。



====



安倍総理は、今年4月、米国議会でTPPに関し



「単なる経済活動的利益を超えた、

長期的な安全保障上の大きな意義がある」



と演説した。



安倍総理は、

安保法制に引き続き、経済面でも、

米国と一体化する道を選択した。



こんなことで、

日本自身のことを日本自身が決めるという、

日本の主権が守られるのか、

はなはだ心もとない状態になっている。



今後のTPP批准議論の中で、

これらのことを徹底的に議論せねばならない。







さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・10・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください