10月21日 その3031 『逢坂誠二の徒然日記』(4675)

掲載日:2015.10.21



昨日は、11月3日に開催する

私の政経セミナーの

出席案内を札幌市内で行った。



https://ohsaka.jp/article-10109.html



多くの皆さんにご参加頂きたいと思う。







1)臨時国会

総理の外交日程が立て込んでいることを理由にして、

臨時国会が開かれない公算が強まっている。



報道では、臨時国会が開かれないのは

2005年以来と指摘されている。



しかし、その年は総選挙後の

特別国会が開かれている。



もし今年、臨時国会が召集されないとなれば、

一年間に一度の国会しか開かれないことになる。



以下の国会会期一覧を見ると、

一年間に一度の国会しか開かれないのは、

戦後初のようだ。



http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/kaiki.htm



先日も指摘したとおり、

現在、国会で議論すべき案件は山積だ。



違憲と指摘される安保法制、

TPP、原発の再稼働、

マイナンバー、閣僚の不祥事、

経済対策(GDP600兆円、出生率1.8、介護離職ゼロなど)、

消費税引き上げと軽減税率、

新閣僚の所信とそれに対する質疑など、

とにかく議論しなければならないことが山積している。



しかもそれは安倍内閣にとって、

片腹痛い問題も少なくない。



臨時国会を開催しないのは、

これら不都合な問題への

批判を避ける意図があるとすれば、

言語道断だ。



国民無視、国会無視も甚だしい。



====



野党各党は、

臨時国会を早期に召集するよう与党側に求めている。



これに政府が応じない場合、

衆参いずれかで

4分の1以上の議員の要求があれば、

内閣は臨時国会を召集しなければならないとする

憲法53条に規定にのっとり、

今日にも正式な召集要求を行うことも検討中だ。



====



憲法53条の規定:

内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員
の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。



====



これに対し、

菅官房長官は昨日の記者会見で、



「(憲法53条の)要求があっても

 開かなかった例もある」



ととぼけて知らん顔をするかの発言をしている。



不誠実極まりない対応に腹が立つ。



一党独裁は、こんなところにも出ている。



何としてもこの状況を打破しなければならない。







今日は、総務部門会議を開催し、

各種団体から来年度の税制改正に関する聞き取りを行う。



その後、帰函し、大間原発建設凍結を求める

函館市町会連合会の会合に出席する。



さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・10・21

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください