10月24日 その3034 『逢坂誠二の徒然日記』(4678)

掲載日:2015.10.24



大型の除雪機械を整備する夢を見た。



もちろん私が直接整備するわけではなく、

多くの専門の仲間の皆さんが整備するのを、

見ているだけなのだが、

小春日和の中、

冬支度の真っ最中だった。



10月も下旬、まさにそんな時期になった。







1)臨時国会

安倍総理が、

外交日程が立て込んでいることを理由に

臨時国会を開かずに逃げ回っている。



このことに批判が高まっている。



一昨日、

全国紙の論説委員の方と話したが、

国会を開く批判よりも、

国会を開かない批判の法が徐々に高まるのに、

なぜ総理はそのことに気づかないのかと指摘していた。



全く同感だ。



国会開催の要求が、

各野党ばかりではなく、

市民団体などからも

与党に寄せられるようになった。



戦後、一回の通常国会しか開かれなかった年はない。



今回もし、臨時国会先送りになれば

前代未聞の状況となるし、

市民団体から

国会開催要求が突き付けられるのも異例のことだ。



====



以前も指摘したとおり

議論すべきことは山積だ。



また今回、臨時国会が開催されなければ、

マイナンバー制度を監視する「個人情報保護委員会」が、

監視体制が十分に整わないまま発足することになる。



9人の有識者委員のうち

4人のついて新たに国会同意が必要なのだが、

年内に同意の議決を得られなくなるためだ。



安倍総理は、安保法制に関し、

強行採決後も国民に丁寧に説明すると話していたが、

臨時国会も開かず丁寧さは微塵も感じられない。



説明しない、異論を聞かない、議論しない、

これがこの間の安倍総理も態度に感じられる。



安倍総理に民主主義軽視の姿勢は許しがたい。







今日は、早朝の便で帰函予定だったが、

満席のため函館到着は昼頃になる。



最近、函館便は満席のことが多い。



たくさんのお客さんに

おこしいただけることは嬉しい限りだ。



さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・10・24

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください