10月29日 その3039 『逢坂誠二の徒然日記』(4683)

掲載日:2015.10.29



昨日は、朝、函館に戻り、

函館、北斗両市内を回った。



今日は、都内で講演、

党本部での打ち合わせがあるため、

昨夜、都内入りした。



今日の午後は、

小泉元総理の来函に合わせて、

私も帰函する。



東京と地元、行ったり来たりの日々だ。







1)地域の自主性

過日政府は、

名護市辺野古への新基地建設をめぐり、

予定地に隣接する三区に対して

地域振興の補助金を市を通さずに直接交付する

新たな枠組みを創設する考えを伝えた。



====



これは自治を蔑ろにする酷い話だ。



加えて国民の自主的・自律的な意思決定を

カネで縛る卑劣なやり口でもある。



自治や民主主義を考える上で、

極めて大事な自主性・自律性を阻害し、

依存的で他律的な国民性を助長することになる。



こんなことを繰り返してしまえば、

最終的に国の力が削ぎ落とされることになるのが、

なぜ今の政府の皆さんには分からないのか。



国づくりの基本基礎が分かっていない

としか言いようがない。



====



わが国には、人口3百数十万人の横浜市から、

人口200人の青ヶ島村(東京都)まで、

多様な基礎自治体が存在する。



また山間過疎地や離島など、

基礎的自治体が置かれている地理的条件も様々であるうえ、

歴史的、産業的背景も違っている。



日本の民主主義を今以上に底堅い確実なものとするためには、

そうした基礎自治体の多様性と

地域の自主性・自律性を尊重し、

地域のことは地域で決定できる地域主権型を目指すべきなのだが、

今回の政府の対応は、こうした考えとは真逆のものだろう。



地域を考える原則は以下だ。



====



「補完性・近接性の原則」に則り、住民自治と基礎自治体を重視する



地域の自主性・自律性を尊重する



地域の多様性に配慮した自治のあり方を構築する



地域の自主性を尊重した自治体間連携を進める



国と地方が対等な関係にあることを踏まえ、国と地方が協働する



予見可能性のある安定的な地方財源の確保に努める



====



政府の沖縄や原発立地自治体への対応を見ていると、

こうしたこととは真逆のことを行っている。



繰り返すが、

こんなことをすれば、

国力が削ぎ落とされることになる。







2)退職公務員連盟

昨日、北斗市内で開催された、

退職公務員連盟道南ブロック交流会に出席した。



退公連の皆さんは、年金問題への要望など、

いつも活発な活動を行っている。



さらに様々な地域活動の主体となって活躍している。



昨日も、たくさんの意見を伺うと同時に、

意見交換もさせて頂いた。



真摯な対応に感謝している。







3)小泉元総理

改めて告知だ。



====


小泉純一郎元首相が、

日本のエネルギー政策の問題点や

原発の危険性について語る講演会が、

函館市で開催される。



皆様、是非ご参加を!!



====



「ストップ大間原発、大いに語る!〜日本の歩むべき道〜」



日 時:10月29日(木)14:00〜15:30

会 場:函館国際ホテル

入場料:800円(予約不要)

主 催:ストップ大間原発、大いに語る!実行委員会



お問合せ

080-5590-4117(高橋)

070-5285-1070(中森)







さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・10・29

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください