11月1日 その3042 『逢坂誠二の徒然日記』(4686)

掲載日:2015.11.01



今日から11月。



今年も、あとふた月を残すのみとなった。







1) 寝坊

昨朝、札幌駅北口のホテルで、

いつものように午前4時に目覚め、

日記を書いたが、若干眠い。



ちょっとだけ、二度寝。



しかしこれが大失敗。



次に目覚めたのは、何と7時10分。



搭乗の飛行機の出発時刻は7時45分。



間に合うはずがないが、

大至急身づくろいし、

タクシーに飛び乗った。



「安全運転で急いで下さい」



私のお願いにニヤリと笑った運転手さんは、

すくっと背筋を伸ばしてハンドルを握りなおして、

丘珠空港にまっしぐら。



土曜の朝が幸いし、渋滞なし。



丘珠空港まで15分で到着。



何とか予定の飛行機に間に合った。



市内に近い丘珠空港の利便性を再認識する。







2)結婚披露パーティー

昨日帰函後は、終日、

市内で会合やらイベントまわりをした。



夜は、いつもお世話になっている仲間の

結婚披露パーティーに参加した。



しかも二組合同の結婚披露だ。



何とも微笑ましい。



====



そういえば、私の父母も、

青森県の父の実家で、

二組合同の結婚式を挙げた

との話を思い出した。



親戚縁者などが三日三晩、

呑み明かす結婚式だったらしいが、

今では信じられない状態だ。



昨夜のパーティーは、

もちろんそんなものではないが、

日頃から交流のある仲間が集まって、

密度の濃いお祝いをすることができた。



二組の夫婦誕生を心からお祝いしたい。







今日は、北斗、函館、森、七飯などを回る予定だ。



さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・11・1

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください