11月6日 その3047 『逢坂誠二の徒然日記』(4691)

掲載日:2015.11.06



一昨日の完全なダウン状態から、

昨日は何とか回復し、

早朝の市場回りから活動を開始した。



青果市場、魚市場でニュースの配布、

その後、朝の街宣活動を実施し、

函館、北斗両市内で挨拶回りをしている。



その後、上京し、

地域主権調査会役員会、

地元からの要望2件への対応。



夜は、都内での北海道物産展にお邪魔した。



朝の4時から就寝まで18時間、

一昨日の遅れを取り戻すべく

フル回転の一日となった。







1)地域主権調査会

地域主権調査会役員会では、

これまでのヒアリングなどの結果を踏まえ、

今後の進め方を協議した。



====



総花的にならずに、訴求力のある報告とすべき。



めざすべき国の形を明示すべき。



制度論にとどまらず地域振興に資する具体例から

地域の姿を考えるべき。



二元代表制や現在の議会の仕組みに捕らわれない

柔軟性のある、地域の実態を踏まえた地域のあり方を

大胆に選択すべき。

(自治のかたちを決めるのも自治)



====



こんな内容になっているが、

これらを踏まえつつ、

16日の週に総会を開催する予定だ。



その後、幾度かの総会を重ね

中間的なとりまとめを行う予定だ。







2)もんじゅ

原子力規制員会が、

高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)に関し、

信頼できる運営主体を探すか、

安全対策を抜本的に改善するかを勧告した。



どちらかを実現しないと、

もんじゅの廃炉は避けられない。



もんじゅは、

国が推進してきた核燃料サイクルの中心的な存在。



これまで十兆円あまりをつぎ込んできたが、

計画は事実上、破綻しているが、

今回の勧告が受け入れらない場合、

名実ともに破綻となる。



====



もんじゅは、夢の原子炉と言われたが、

稼働期間はわずか250日間のみ。



冷却材に扱いが極めて難しいナトリウムを使っている。



ナトリウムは、

空気中の酸素や水分に激しく反応し

激しく燃えるというか爆発的な状態になる。



私も学生時代の実験で、

ナトリウムの反応の激しさを体験したことがあるが、

あのようなものを冷却材に使う原子炉の運転は、

相当に難しいだろうと推察される。



====



日本での核燃サイクルは、

大間などの一般的な原発系と、

もんじゅの高速炉系の二系統で進められているが、

どちらもサイクルにはなっていない。



もんじゅは、今回のことで廃炉になれば、

そのサイクル「輪」は、終了する。



大間のほうは、

使用済みMOX燃料の処分方法が未定であり、

そもそも最初からサイクル「輪」にはなっていない。



====



いずれにしても、

膨大な資金を投入してサイクルが完成しても、

環境への負荷などをはじめ、

極めて脆弱な核燃料サイクルは抜本見直し、

撤退を判断すべきときだ。







さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・11・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください