11月9日 その3050 『逢坂誠二の徒然日記』(4694)

掲載日:2015.11.09


日本とウズベキスタンの時差は4時間。



ウズベキスタンでも、

いつもどおり午前4時に起きて日記を書いている。



だから起床は、日本時間の午前8時となり、

私の体には楽な感じがする。



逆に帰国後は、

ウズベキスタン時間の午前零時起床となり

体が辛くなるだろう。



====



昨日は、サマルカンドからサフリシャブスを経て、

ブハラまで移動した。



全て車の移動となり、

乗車時間は6時間近くになった。



サフリシャブスは、

14世紀に中央アジアから

西アジアにかけて大帝国を築いた

ティムールの生誕地だ。



サフリシャブスの意味は、

緑の町だそうだが、

砂漠のオアシスを意味する。



ウズベキスタンは13世紀には

チンギス・ハン率いるモンゴル帝国の支配下に入っていた。



歴史の教科書を平面的に読めば、

チンギス・ハンもティムールも

大帝国を築いた軍人・政治家のイメージだが、

現地で話を聞くとその印象は随分と違う。



チンギス・ハンは、略奪虐殺で反乱分子を抑制するのみだが、

ティムールは、略奪虐殺して反乱分子を抑制し、

略奪し破壊した地域が再生できるよう、

略奪した富を必ず地域に還元したという。



地元の方から、この点がチンギス・ハンと

ティムールの違いと説明され、

だから英雄なのだという。



もちろん両者に征服された別の国に行けば、

また違った説明があるのだとは思うが、

地域にどう貢献するか、

今も昔も変わらぬ政治家を評価する大きなポイントの一つだ。



====



ティムールは英雄だとの話になった途端に、

現在のカリモフ大統領を評価する声も聴いた。



ウズベキスタンは、1991年にソ連から独立以降、

カリモフ大統領が24年に渡り、

この国のトップに君臨している。



2005年には、ウズベキスタンのフェルガナ地方で、

刑務所を襲うなどの大規模なテロ事件が発生した。

(アンディジャン事件)



このときカリモフ大統領は、治安部隊を導入し、

テロ実行犯や反政府勢力以外にも多くの市民を虐殺したとされ、

日本などでは人権問題だと非難する声が多い。



この後、

それまで親米だったウズベキスタンは、

米軍をはじめアメリカ人を排除した。



これによってウズベキスタンは、国際的には孤立化し、

カリモフ大統領には独裁的なイメージが強い。



しかし地元では、必ずしもそんな評価ではない。



2005年の強権的な治安行動以降、

国内でテロがないこと。



結構安定した経済成長があること。



近隣の同じような歴史をたどった国々と比較し

安定していること。



こんなことを背景にしてカリモフ長期政権に、

それほどの批判は感じられない。



逆に、現在77歳のカリモフ大統領退任後の

ウズベキスタンがどうなるのかを

心配する声も多いという。



====



国際的な正当性と内国の評価は、随分と違う印象だ。



国際的に評価されても、

内国は逆とのケースもあるのだろうが、

政治家が何をどうなすべきか、

その判断の難しさを改めて感じている。



書きたいことは多いが、折角の訪問だ。



ホテル室内にいるよりも外に出て、

日本と違う空気を胸いっぱいに吸い込んで、

政治のあり方をさらに考えてみたい。







さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・11・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/


–>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください