11月11日 その3052 『逢坂誠二の徒然日記』(4696)

掲載日:2015.11.11

昨日は、ブハラから7時間、列車にゆられ、
サマルカンド経由でタシケントに戻った。

7時間の移動は、
特急列車シャルク号だったが、
昔の鈍行的な雰囲気もあり、
とてもゆったりとした移動で、
長距離列車の旅を満喫した感じだ。

車窓には、乾いた草原や農村が広がっていた。

土地の施肥状態は良い感じはしない。

平らな土地だけにもっと堆肥などを投入すれば、
肥沃な土地になるのだろうと感ずる。

しかしこれらの地域で最も重要なのは水だという。

とにかく水が貴重であり、肥料以前に水さえあれば、
何とか作物は栽培可能・・・、そんな状態のようだ。

雨が多く、肥沃な土地を抱えた
日本の豊かさを感ずる。

====

今日は、日本時間午前1時過ぎのフライトで、
タシケント空港から仁川空港に戻る。

空港に向かう前に、日本人墓地に立ち寄った。

第二次世界大戦後、
当時のソ連に抑留された日本人が
多数タシケントにも連行された。

その強制労働で建設したものの一つが、
後述するナヴォイ劇場だ。

ナヴォイ劇場の建設で亡くなった日本人は二人だが、
このタシケントの日本人墓地には、
それ以外の労働で没した日本人79人が眠っている。

日本人墓地では、
多くの御霊に対し、
手を合わせて哀悼の誠を捧げさせて頂いた。

====

タシケントのナヴォイ劇場は、旧ソ連の指導のもと、
地元のウズベキスタンの皆さんや
捕虜となった日本人が建設したものだ。

収容観客数は1,400人と、
結構大きな劇場で、旧ソ連の4大劇場に入る。

ソ連の捕虜になった日本人は60万人とも言われ、
多くはシベリアなどの極寒の地で、
森林伐採、道路・鉄道建設に従事した。

その中で、この劇場の建設は、
特殊な任務だったものと思う。

====

劇場完成後の1966年4月、
タシケントで大地震があった。

市内の建物78,000棟が倒壊したが、
ナヴォイ劇場は無事だった。

当時のタシケント市民は、
大地震でも崩れないナヴォイ劇場を目の当たりにして、
捕虜だった日本兵の真面目さと
技術の高さに驚嘆したようだ。

ナヴォイ劇場建設の顛末は、
ジャーナリストの嶌信彦さんが今年の夏に出版した
『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』(角川書店)
に詳しく記されている。

私も、今回の訪問前にこの本を読んだが、
ウズベキスタンの皆さんとの交流や、
ソ連兵との交渉によって抑留条件を改善させたことなど、
山崎豊子さんの『不毛地帯』などで知る
日本兵の悲惨すぎる抑留生活と違う側面も垣間見える

====

今回は、短いウズベキスタン滞在だったが、
日本や欧米とは違った環境に身を置いて、
普段とは違った目線で物を考え日本を見ることのできる
非常に貴重な時間となった。

滞在中の一切の通訳と案内を引き受けてくれた
ウズベキスタンのSさんに心から感謝したい。



さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・11・11
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください