11月24日 その3065 『逢坂誠二の徒然日記』(4709)

掲載日:2015.11.24



昨日午後、日本薬剤師会学術会議開催の

鹿児島から都内に入った。



今日からは、週末まで、

国会での仕事となる。



北海道では雪が降ったとのニュースが流れている。



朝の東京も寒い。気温は8度くらいだ。



しかし日中の気温は一気に上がって、

予想最高気温は、何と21度にもなるという。



天気図は、西高東低の完全な冬型だ。







1)二重行政

大阪府知事、大阪市長、このダブル選挙で

おおさか維新の会が圧勝した。



住民投票での大阪都構想の否決など、

維新の会も紆余曲折があった。



今回の選挙は、そんな軋轢などはものともしない、

圧倒的な強さで、おおさか維新の会の圧勝となった。



今回の選挙戦が具体的にどのようなものであったのか、

その詳細を把握してはいないが、

圧勝という結果を見て、選挙における、

おおさか維新の会の訴求力の凄さに、

改めて驚くばかりだ。



====



この中で以前から気になっていることがある。



それは二重行政だ。



これまでの大阪での主張によれば、

二重行政はダメなものと断定されている。



大阪だけではなく、

国会でも二重行政の排除が指摘されることが多い。



しかし以前から指摘しているとおり、

二重行政は一律に悪いわけではない。



意味のある二重行政もあれば、

従来から指摘されているとおり、

無駄な二重行政もある。



頭ごなしに二重行政を批判するのではなく、

丁寧な議論が必要だ。



====



道路行政は、

四重行政ともいえるのが現実だ。



高速道路、国道、都道府県道、市町村道と、

大きく四つの範疇に分かれ、

原則的にそれぞれの別の管理者が

道路を維持管理している。



災害時などの対応にさらなる工夫は必要だが、

この四重行政は、頭ごなしに悪いというものではない。



図書館行政も、国や都道府県、

市町村などを管理者が分かれ、

二重行政の代表例のように言われる。



それは本当に悪いことなのだろうか。



それぞれの図書館の役割が違っており、

この管理者の違いが、

きめの細かい図書館サービスを

実現することになっているのではないか。



たとえば都道府県立図書館では、

本の貸し出しだけではなく、

小規模な図書館ではやり難い

レファレンス機能などを発揮することができる。



逆に小さな図書館では、地域の皆さんと協力して、

子どもたちへの読み聞かせ活動などを行うなど、

大図書館にはやれない

地域密着の活動を行うことができる。



====



二重行政を一律にダメと決めつけるのは、

スローガンとしては分かりやすく、

多くの方々に、即、受け入れられやすいものだ。



だがそれは、

行政の現実とは必ずしも相いれない部分も多い。



====



最近の選挙や政党の政策は、

分かり易さや伝わり易さを重視するため、

物事を一刀両断に白黒と峻別する傾向がある。



それは確かに潔く、

何か物事を的確にとらえているかの印象を与える。



だが現実は違う。



物事は複雑に入り組んでおり、

もっと腰を据えた落ち着いた議論が必要な部分も多い。



話し方もそうだ。



えー、うー、とか

淀みのある話し方が悪とされる場面が多いが、

その淀みが、聞く人に考える間を与えている

ことも事実だ。



何でもかんでも分かり易く

一律に一刀両断にする政治議論は、

本当に正しいのかどうか、

もっと慎重に考える必要がある。







さあ今日も、確実に前進します。

============

     2015・11・24

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 11月24日 その3065 『逢坂誠二の徒然日記』(4709)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください