11月29日 その3070 『逢坂誠二の徒然日 記』(4714)

掲載日:2015.11.29


昨夕、都内入りし、今朝は朝の便で帰函する。
国会閉会中は、行ったり来たりの繰り返しだ。

1)連合桧山昨日、連合桧山の定期総会が、江差町で開催された。
これまで長きにわたり会長を務められた佐藤さんが勇退されることになった。
佐藤さんは、どんな時も淡々と仕事をこなされ地域のみんなを牽引してくれた。
これまでのご労苦に、心から感謝している。
そして今後とも、ご支援をお願いしたいと思う。
心からの感謝を捧げたい。

2)iPad最近、手書きのメモを持つのを止めた。
手書きのメモを以上に、タッチペンでiPadにメモする方が散逸も少ないし、メモした時間や場所も簡単に記録できるため、利便性も高そうだ。
タッチペンにした理由は、そもそも電子的にメモを記録するための環境が、随分と改善されたことも大きい。
加えてiPad一枚が、実に多様な役割を果たすようになったことも理由だ。
以前は、大量の新聞を抱えて移動していたが、今は、農業新聞など、一部の新聞を除き、全国紙の全てとブロック紙、夕刊紙などをiPadで読んでいる。
電子化された書籍、漫画もiPadが中心。
最初は、iPadのキーボードにはなかなか馴染めなかったが、最近は、相当な長文もiPadで作成している。
もちろんメール、ネットもiPad。
YouTubeやNHKオンデマンドも音楽もiPad。
ラジオは、東京にいても北海道の放送が聴けるなど、全国のどこにいても各地の放送が聴取可能だ。
私は、利用していないが、Wi-Fi環境を整えると、テレビも見られる。視
グループウェアを利用して事務所全体で共有してしている私の行動予定も当然iPadで見ることができる。
徒然日記だけは、HTMLに変換する必要があったためPCで作成していたが、それも最近、何とか使えそうなアプリを見つけてからiPadで作成している。まだまだ使い勝っては十分ではないが、徐々に環境も改善するだろう。
このようにiPadが、幾つもの役割をこなすようになり、手放せない存在となった。
だが、そんなに依存して良いのかとの気持ちもある。
いつでも何処にいても、仕事になり、とても便利だ。
しかしそうなると、気持ちが休まらない、そんな雰囲気もある。

さあ今日も、確実に前進します。============

        2015・11・29

============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/






iPadから送信



One Response to 11月29日 その3070 『逢坂誠二の徒然日 記』(4714)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください