12月27日 その1614『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.12.27



今朝も都内は、
雲のないスッキリとした朝を迎えました。

その分、気温も低くなっています。

昨夜は、早めの帰宅をしたのですが、
以前お世話になった記者が、
上京したとのことで、
夜遅く、再度、出かけることになりました。

そして、案の定、
帰宅は今日になったため、
今朝は、寝不足気味です。



1)足どめ
昨日は、新千歳空港が雪のため、
朝から14時頃まで、一便も飛ばない状態でした。

本来、11時台のフライトで、東京入りするはずでしたが、
結局、国会到着は17時25分頃になってしまいました。

これによって、
公務員制度PT、地域主権調査会、
税調などをはじめ、
重要な会議や打ち合わせを軒並み欠席せざるを得ず、
散々な一日となりました。

飛行機が飛ばなければ、
手も足も出ないのが、
北海道と本州の交通網の現実です。



今日も早朝から、
対応すべき案件があり、
日記はこれで終了です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・12・27 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください