12月15日 その3086 『逢坂誠二の徒然日記』(4730)

掲載日:2015.12.15

昨年の総選挙からまるまる一年が経過し、3期の2年目に入った。
この一年間は怒涛のような時の流れだった。
特に会期245日間の常会としては戦後最長となった189国会は酷いものだった。

日本の国家のかたちを根底から変える、しかも憲法違反との指摘がある安保法制の議論は最悪だった。
総理はまともに答弁しないし、論点をはぐらかし、逆に質問者を揶揄するかの態度が多かった。
歴代の総理の中でも最悪の対応だったと思う。
この常軌を逸した政権の暴走を止めねばならない。

====
そして今、2012年末からの2年間に、改めて思いを馳せている。
厳しい2年間であったことは事実だが、得難い多くの経験をすることもできた。
多くの皆さんからの私への期待の気持ち、それを改めて強く感じさせて頂いた。

厳しい2年間を過ごし、私の足らざる部分も少しは補うことができたようにも思う。
特に強く落ち着いた心、そのあり方について学ぶ入口を見たような気がしている。
政治とは、理不尽で合理性のない場面が多い。
論理性を超越した政治の不条理に立ち向かう力を身につける
貴重な2年間だったのだと思う。
そしてどん底の中にあっても私を支え続けてくれた皆さんのことは、絶対に忘れることはできない。
あの2年間を大きな糧にして、再スタートの2年目も確実に着実に歩まねばならない。


今日も早朝から議員会館で会議が始まる。
ふたご座流星群を見ようと思ったが、昨夜は、あっさりと布団と一体化してしまった。
流星群よりも睡眠時間の確保優先も致し方ない。

さあ今日も、確実に前進します。
=============================
            2015・12・15


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください