12月31日 その3102 『逢坂誠二の徒然日記』(4746)

掲載日:2015.12.31



大晦日の朝、函館は大粒の雪が降っている。



大晦日が終わりの日となる方は多いと思うが、

私は、今日の夜から活動開始となる。



大晦日の日中は、

その活動に備えて体調と心を整える時間に充てる。



====



さて今日で戦後70年が終わる。



毎日新聞紙面から今年のニュースを振り返って見たい。



====



TPP大筋合意



アメリカ9年半ぶりに利上げ



フォルクスワーゲンの不正発覚



中国経済の減速



アメリカとキューバが国交回復



パリのテロ



ISが2邦人殺害



ヨーロッパに大量の難民



中国が南沙諸島の埋め立て加速



温暖化対策に新しい枠組み(パリ協定)



日本人2人にノーベル賞



辺野古が法廷闘争に



戦後70年談話



くいデータ不正続々



東芝の不正会計



揺れる2020年東京五輪



放送に政権圧力



原発稼働ゼロ終わる



大震災 遠い復興、細る支援



豪雨で鬼怒川堤防決壊



6火山噴火



日本代表がラグビーW杯で3勝



====



毎日新聞にはこんな見出しが並んでいるが、

私にとっては、安保法制に翻弄された一年だった。



というより安倍政権が誕生してから、

特定秘密保護法、武器の輸出、そして安保法制と、

この分野では大転換が続いている。



日本の将来は、本当にこれで良いのか。



もっともっと多くの皆さんとともに考えねばならない。



戦後70年最後の日、貴重な一日としたい。







さあ今日も、確実に前進します。

============

      2015・12・31

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください