1月29日 その3131 『逢坂誠二の徒然日記』(4775)

掲載日:2016.01.29

都内は雲が多い朝を迎えた。

今にも雨が落ちてきそうだ。

朝の気温は4度程度とちょっと高めだが、
逆に日中は9度とあまり上がらない見込みだ。

甘利大臣が辞任した。

こうした問題が発生することは何とも残念だ。

====

TPPの大筋合意と
その対策と経済に対する影響額を
品目別に政府から説明を受けている。

昨日は、米と牛肉について話を聞いた。

米は、最大7万トン余りの輸入が増えるが、
この増加相当分の全量を政府備蓄米として買い上げるため、

市場に出回る量(818万トン)に変化はないとの説明だ。

多少解せない部分もあるが、
この説明は多少理屈があると思う。

====

牛肉の関税率は、
現在の38.5%から段階的に引き下げられて、
16年目には9%となる。

牛肉の日本の市場規模は大雑把に9千億円程度のようだが、
この関税引き下げによる影響額は、
さまざまな対策を講ずるので最大でも625億円だという。

牛肉対する説明は全く理解できない。

対策を講じなければ、

どの程度市場に影響がでるのかその試算はない。

単に頭ごなしに、
対策を講ずるので625億円の影響というのみだ。

どの対策によって市場にどのように作用し、
その結果いくら効果を発揮するのかなど、
因果関係の説明は全くない。

これで農家の皆さんが納得できるとは思われない。

TPPに関しては今日以降も
継続して政府から話を聞くことになる。

====

平成26年度からスタートした
農地の中間管理機構についても話を聞いているが、
この機構のメリットも不明確だ。

来年度からは、固定資産税率に差をつけることで、
機構利用を促進させるという、
なりふり構わない対策を政府は講ずるという。


政府は、こんな強引なやり方ではなく、
なぜ遊休農地が増えるのか、集約化が進まないのかを、
もっと地に足をつけて考える必要がある。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
          2016.1.29
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 1月29日 その3131 『逢坂誠二の徒然日記』(4775)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください