1月30日 その3132 『逢坂誠二の徒然日記』(4776)

掲載日:2016.01.30

函館は、氷点下10度近くまで気温が下がった。

昨夕、帰函し、市内で、幾つかの新年行事に出席した。

====

昨日、日銀は、マイナス金利の導入を決めた。

貯金すれば、利息がつくのが当然と思うが、マイナス金利は逆。

貯金に応じて、お金を払わなければならない。

もちろんこれは、一般の預金者に適用されるわけではない。


日銀が、全国の金融機関から預かっている当座預金に
マイナス金利が適用される。

マイナス金利になれば、
金融機関は日銀から預金を引き揚げる傾向が高くなる。

すなわち市中にお金が回る金融緩和施策の一環となる。

これで経済を刺激するという意図なのだが、
本当にその通りなるのか、リスクはないのか心配な面も多い。

昨日に日銀の政策決定会合も、
賛成5、反対4という、僅差での決定となった。

マイナス金利が適用されると、やはり全体的に金利が下がる。


そうなれば金融機関が、
貸し出しをしても利息が稼げない可能性も高くなる。

儲からなければせっかく金融緩和をしても、
貸し出しが広がらない可能性もあるのだ。

いずれにしても、金融政策はギリギリの崖っぷちを歩いている。

====


今日は、党大会のため、再度、上京する。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
          2016.1.30
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください