2月6日 その3139『逢坂誠二の徒然日記』(4783)

掲載日:2016.02.06

函館の朝の気温はマイナス5度。

雪が舞っている。

昨日は、東京から札幌に立ち寄って帰函した。

新千歳空港、札幌では、春節を迎え、
大勢の中国人観光客でごった返していた。

雪まつりも開幕したとのことだが、
会場を横目で眺めるほどの余裕ももなく、

二時間弱の札幌滞在で函館に帰着。

====

夜は、幾つかの新年行事に出席し、
多くの皆さんに挨拶をさせて頂いた。


====

一昨日の衆院予算委員会で総理は、
「憲法改正を議論する資格があるのか」

との発言をした。

この発言を聞いた瞬間、
総理の発言はアウトだと感じたが、
残念ながら委員会は止まらなかったし、
翌日の新聞各紙も、
この発言をあまり問題視していない。

国会もマスコミも完全に、
言論統制に関して感度が落ちている。

国民投票法案に賛成しようが反対しようが、
憲法全体に対する改正案を持っていようがいまいが、

憲法に対してどんな考えを持っていようが、
憲法に関し議論する資格はだれにだってあるし、
憲法議論をしようがしまいがそれは自由だ。

これが言論の自由だ。

ところが総理は、国民投票法に反対することや、
憲法改正案を持っていないことが、
憲法議論をする資格の欠如であるかとのもの言いだ。

これは言論の封殺だろう。

総理のこんな発言を放置することはできないし、
委員会を即座に止め、
総理にこの発言の撤回を求めるのが筋だったのだと思う。

ところが残念ながら委員会もそうならなかったし、
その後の報道もこの発言をそれほど重視していない。

====

総理の常軌を逸した発言が頻発する中で、

私もマスコミも感覚が麻痺しているとすれば
それは大変危険な兆候だ。

神経を研ぎ澄まさねばならない。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.6
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください