2月9日 その3142『逢坂誠二の徒然日記』(4786)

掲載日:2016.02.09

東京は、青空の広がる朝を迎えた。

予想最高気温は、14度の見込み。

函館とは雲泥の差だ。

====

起床し、いつものようにPCに向かうが、PCの動きが悪い。

再設定などをしているうちに

あっという間に時間が過ぎ、
何とも非効率な朝となった。

====

石原慎太郎さんの『天才』(幻冬舎)を読んだ。

田中角栄元総理のことを、一人称で語った、
つまり田中角栄自身が語る形式の内容だ。

石原慎太郎さんは田中政治批判の急先鋒だったはずだが、
田中角栄のことを天才だという。

批判も多い田中角栄だが、私も田中さんを天才だと思う。

今の政治にかけているものを持っているとも感ずる。

石原さんの『天才』の内容を額面通り
すべて受け止めて良いのかどうか慎重さが必要だが、

この本を読むと田中角栄像がよりくっきりと浮かびあがる。

しかし死後、自分の口で、自身の姿を語られることに、
田中角栄さんは、あちらの世界でどう思っているのだろうか。

そんなことは、どうでも良いと思っているのかもしれない。



さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.8
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください