2月11日 その3144『逢坂誠二の徒然日記』(4788)

掲載日:2016.02.11

本来は昨夜、帰函したかったのだが、
18時まで会合続きだったため、
今日早朝から移動開始となる。


3月26日の新幹線開業以降は、
その時間でも期間が可能となる。

ただし新函館北斗着が、23時33分

その後の移動を考えると、

自宅到着は翌日の零時半頃になるだろうか。

====

株価が連日下がり続け、
ついに昨日は16,700円台だ。

円高傾向も続くし、
国債金利もマイナスになるなど、
経済が異常な状態になっている。

日銀による国債の購入、マイナス金利など異次元の金融緩和、
さらに公的資金による株価の買い支えなど、
安倍政権の経済政策が改めて限界を迎えていることが見える。

安倍政権は、特定秘密保護法、武器の輸出、安保法制など、

従来の日本の形を大きく変える政策を強行しているが、
これら政策の下支えになっているのが株価だった。

その株価が揺らいでいる。

安倍政権の後ろ盾が危機的な状態だ。

====

今日は全国的に高気圧に包まれるようだ。

東京では行楽日和と報じられている。

函館も冬のイベントが多い上、会合などもあり、

今日も密度の濃い一日となる。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.11
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 2月11日 その3144『逢坂誠二の徒然日記』(4788)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください