2月14日 その3147『逢坂誠二の徒然日記』(4791)

掲載日:2016.02.14

函館の夜明け前の気温は3度程度と高め。

弱い雨が降っている。

朝4時過ぎには、幹線道路の排雪作業の音が聞こえていた。

====

昨朝は、雨の九州から朝一番の便で伊丹入りし、

函館行に乗り継いで11時には帰函した。

その後、夜遅くまで、函館、さらに八雲で活動している。


====

昨夜は、八雲町で開催された
笹田浩道議の新春の集いに参加した。

管内の町長さんや議長さんなど、
多数の来賓の皆さんとともに
多くの皆さんと交流させて頂き、

予定の時間はあっという間に過ぎてしまった。

帰宅は、遅い時刻となったが
心地よい疲労感とともに床に就いた。

====

ウィキペディアによれば「徴用」には、次の記述がある。

戦争中などに、政府が国民や占領地住民を強制的に動員して、
兵役を含まない一般業務につかせること。

今は戦時中ではない。

しかも必ずしも強制的ではないが、

徴用に近いことが行われようとしている。

防衛省が、民間の船員を予備自衛官として
有事に活用する計画を進めている。

志願は強制しないが、
船員は会社に言われたら拒否できる状況にはなく、
事実上の徴用ともいえる。

防衛省は2013年末、南西諸島の有事の際、
ミサイルや戦車などの部隊を本土から移動させる計画を作成。
だが、海上自衛隊には大型の輸送艦は3隻しかない。

そのため、有事に民間船を借り上げ、
海自が運航する契約を今月中にも結ぶ予定。


この大型民間船を運航するために
民間の船員も予備自衛官になれる制度を
16年度から始めることにしている。

「徴用」という言葉は、戦時中のものと思いがちだが、
新たな「徴用」が始まろうとしている。

====

今日は函館の市民歌舞伎である
初春巴港賑(はつはるともえのにぎわい)38回目の公演だ。

私も昨年に引き続き、開演直後に口上を述べさせて頂く。

そのため午前中から市民会館入りし、
13時からの舞台に備えることになる。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.14
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 2月14日 その3147『逢坂誠二の徒然日記』(4791)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください