2月16日 その3149『逢坂誠二の徒然日記』(4793)

掲載日:2016.02.16

気温が株価のように乱高下している。

一昨日の函館は、終日プラスの気温で、
路面がぐちゃぐちゃになった。

昨日は、一気に氷点下に下がり、真冬の世界となった。

昨日午後、東京入りした。


今朝の最低気温は一度程度。

日中は10度まで上がる見込みだ。

====

昨夜、いわゆる道州等の問題点などを研究している皆さんと、
市町村のあり方などについて4時間近くに渡って議論した。

次のような点について意見交換をした。


====

自治体の現場は仕事が増加する一方で、分権などに気が回らない

三位一体改革で分権の機運を奪った

アベノミクス、地方創生が失敗すれば統治構造の議論に持ち込まれる

統治構造の転換議論の中で道州制が浮上し、
大改革となり憲法改正に辿るかも

マニフェスト選挙の認識違い(マニフェストは決定事項ではない)

民主党が未だに地域主権改革を掲げる意義は何か

松下政経塾と道州制の関連

地方自治法第一条は重要

国と地方の協議の場は大事だが、政府に骨抜きにされている

地域主権という用語に対する認識

自治体の自主性や自律性を損なっている理由は何か
(職員数の減?)


地方自治消滅論に対する認識は

画一化ではなく、普遍化、共通化、ユニバーサルではないか

脱経済成長は良いが、その後の具体的姿を打ち出す必要

小さな政府論について

お金の世界から命の世界へ

分配論について

東京一極集中をどうすべきか

若者の新しいライフスタイルにどう対応するか
(おじさん路線からの脱却)

地域コミュニティに対する深堀が必要

地域主権型社会創造宣言の「おわりに」が重要ではないか

====


こんなことについて自由に議論した。

昨日の議論は、特段何かにまとめるというものではないため
真に自由闊達なもので、実に有意義な時間となった。

今後の地域政策を考える上で、貴重な機会を頂いた。

====

今日は朝から夜10時近くまで、
予定が密度濃く詰まっている。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.16
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください