2月18日 その3151『逢坂誠二の徒然日記』(4795)

掲載日:2016.02.18

夜明け前の東京は今日も雲がない。

気温は2度程度。

寒さを感ずるが過ごしやすい朝だ。

====

国会議論が、劣化していると感ずる。

国民にとって何が大切か、
日本の今、そして将来にとって何が大切なのか、

こんな視点での国会議論は少ない。

特に予算委員会では、
何かマスコミに取り上げられるかが、
議論の中心になる。

確かにどんなに正論を吐いたところで、
マスコミに扱われなければ、
国民世論に影響を与えることはできない。

しかしこんなことばかりやっていたのでは、
日本の将来を誤ってしまう。

マスコミ受けが悪かろうが、
日本の今や将来にとって必要な議論を行うべきだ。

特に重要なのは、多くの人が気づかないことや、
社会に警鐘を鳴らす、そんな議論だ。


ところがこうした議論は、
多くのマスコミは扱おうとはしないし、
党内でもあまり評判が良いものとはならない。

マスコミの注目度合が、
国会議論の優劣を決める社会は極めて危うい状態だ。

====

今日は、いつもよりもさらに早く朝7時から会議の開始だ。


朝、軽いストレッチをした後、
電車に乗り込んで、国会に向かう。



さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.18
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 2月18日 その3151『逢坂誠二の徒然日記』(4795)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください