3月4日 その3166『逢坂誠二の徒然日記』(4810)

掲載日:2016.03.04

朝の気温は4度。

都内は今日も晴れており、
室内の気温も暖房なしで20度に達している。

今日も日中は、15,6度まで気温が上がるようだ。

花粉も飛びはじめ、私の周囲でも
クシャミ、鼻水で苦労されている方が多い。

====

マイナンバーに関し、
様々な苦情、トラブルが相次いでいる。



不在者への通知カード交付作業に相当な手間がかかっている


市町村端末を含めシステムが不安定で、接続不良が頻発し、
カード交付に支障を来している


マイナンバーカード請求後の住所変更、
氏名変更に対応できるシステムになっていない


市町村端末などに関し、
国から急遽セキュリティー対策を求められているが
予算不足、準備不足などで
市町村、都道府県の現場は混乱を来している

ほかにも様々なトラブルが相次いでいるようだ。

3千億円以上の経費をかけて作り上げたシステムだ。

しかし全体的に早急な見直しが必要な印象だ。


基幹システムや端末のハードウェアの問題



操作などソフトウェアの問題


手順の周知など、国と自治体の連携の問題

どうもそもそもの根本からの見直しが必要な印象を受ける。

国民が自分の権利を確実に行使するためにも必要なものとして
このシステムの立ち上げがスタートしたが、
現状を見る限り、課題山積の有様だ。

制度設計を主導した国は、
緊急対策チームを立ち上げるなど、
早急な対応をしなければ、
今後も混乱が続きかねない。

政府は、マイナンバーの現状を深刻に受け止めて、
抜本的な対策を講ずる必要がある。

====

民主党が、連携可能な他の野党と合流して、
大きくなることに異論はない。


しかし新党の名前を公募するのは愚の骨頂だ。

党の名前は、党の本質そのものを表している。

党を立ち上げる際に、
綱領を第三者に丸投げして作成することはあり得ないのと同様に、
党名は結党の理念そのもののであり、
公募などで決めるべき性質ものとは思われない。

党名は苦労してでも、
結党に携わるものたちが議論して決めるべきだ。

====

今日も早朝からの勉強会で外での活動がスタートする。

今朝のテーマは「IoTとは何か」という、
情報通信の勉強会だ。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.4
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 3月4日 その3166『逢坂誠二の徒然日記』(4810)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください