3月14日 その3176『逢坂誠二の徒然日記』(4820)

掲載日:2016.03.14

昨朝、函館から札幌に向かい、

終日、選挙応援となった。


1)補欠選挙
昨日は、衆院北海道5区補選の応援のため
江別市に入った。

福祉施設などを回ったが、
感じたことは次の通り。

====


補欠選挙があることを認識していない方が多い


補選を認識されている方でも、

候補予定者のことは知らない印象だ


池田まきさんの資料を見ると、
知ってるとか、応援したいという方が、
私の予想よりは多い

====

こんな印象だが、
そもそも補選ムードではない感じだ。

私が、逢坂誠二であることを
知っている方も多く嬉しい限りだが、
そんな場面では、
福祉現場の窮状を話す方もいる。

何れにしても、粘り強く地道に
訴えを続けることに尽きるのだと思う。

====

五区回り終了後、
新札幌駅前で党の街宣活動を見た。


弁士は、岡田克也代表、徳永エリ参議、
そして池田まき候補予定者の三人。

気温はマイナス3度位か。

冷たい風が吹き、小雪の舞う悪天候だったが、
私の予想を超えて聴衆が多い。

もちろん本番までまだ時間があるため、
熱気溢れる盛り上がりには欠けるが、
それにしても良い雰囲気だ。

今回の補選、北海道と京都で2勝できれば、
その後の参院選挙の大きな弾みになる。

一勝一敗なら、現状維持であり、
参院選挙への勢いにはならない。

何としても2勝しなければならない。


残り一月で、
その切迫感を多くの方の共有頂けるどうか、
そこが鍵になるだろう。


2)我々にしかできない真の対案
民主党の嶋聡元衆議院議員が、
おおさか維新の会から
この夏の参院選挙に出馬するという。

このニュースを聞いて、私は耳を疑った。

嶋さんは、黎明期の民主党で
知恵袋として活躍された方だ。

ソフトバンクに移られてからも、
私のところへも何度も来られていた。

その嶋さんが何故だ、との思いがあった。

その真意と思われることが、
昨日の朝日新聞に掲載されていた。

以下に、嶋さんの言葉を引用するが、
その言葉は、この年末年始、

参院選の目標について岡田克也代表が、 

「3分の2の改憲勢力を阻止する」
と語ったことに対する疑問から始まっている。

==以下、引用==

それでは55年体制下の社会党です。

私たちはあのころ、3分の1を死守する
万年野党を否定するところから始めた。


改憲にせよ安保体制にせよ、自民党政権の批判だけでなく、
それに代わる対案を必ず用意した。

労働組合など旧来の支持層だけでは政権はとれない。

保守層や無党派層にウィングを広げるため
外に打って出ようと考えた。

残念ながら今の民主党はそれが感じられません。

勝ち残った今の民主党議員は決して選挙に弱いのではない。

強すぎると感じます。労組の支援が強すぎる。


だから逆に意識が外に向かわない。

これからは、アイデア勝負の時代になる。

『アベノミクスは破綻した』と非難するだけでは、
まるで日本経済の失速を願っているような印象を残すだけだ。

今回の私の決断は、再生エネルギーという目標を
一番成し遂げやすい場所を選んだ結果ですが、
野党はやはりポスト・アベノミクスの
具体的な対案がカギです。

同時に、それを迅速に実現できる組織の力と
ポスト安倍候補を国民に示すことです。

その思いを民主党が取り戻せるかどうか。

これは孫正義の口癖ですがね、
ベンチャーはニッチを狙え
と言う人がよくいますが、それは間違い。

メインにならないニッチに将来はない。

==以上、引用終了==

我が党内には、
嶋さんに厳しい意見を持っている方も
いるように感ずる。


私は嶋さんと一緒に仕事をしたことがないので、
嶋さんに対する厳しい意見の適否はわからない。

しかし今回のこの嶋さんの決断の真意は大いに傾聴に値する。

安倍政権の安保法制に対する
我が党の批判と対案は正論をだろう。

しかし現実には、我が党の支持は広がらない。

支持が広がらない理由の一つは、
どんなに正論を述べても政権時代の悪いイメージから
脱却できないことがあると多くの人が指摘するし、
私もそう感ずる。

しかしそれだけが理由ではないのだと思う。

政権時代の悪いイメージを凌駕するような
政策と戦略が発信できていない。

これが、我が党に支持が集まらない
最大の理由何だと思う。


その政策とは何か。

与党には実現できない政策を訴えることだ。

あれほどバラマキと批判された、
子ども手当ても、高校授業料の無償化も、
農業の戸別所得補償も、
結局は今、名前や形を変えて生き残っている。

6次産業化も分権や一括交付金だってそうだ。

2009年までの自民党だったら
実現できない政策を訴えたから
支持を得たのだろう。

しかもその政策は、
国民に必要なものであり、
本質を捉えたものだったからこそ、
自公政権に戻っても、
消し去ることはできなかったのだ。

我々も単なる反対だけを訴えているつもりはない。

対案もいつも準備している。

それが対案と受け止められないのは、

反対のための対案に見えるからなのだろう。

単なる反対を超越した、
与党には実現できない政策。

しかも将来に生き残る、
国民が求める政策。

それをぶれずに明確に打ち出すことが
求められている。

そして本当の意味で、再度、政権交代を目指して
ウィングを広げる強い意志があるのか。
どうか、それが問われているのだと思う。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.14
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 3月14日 その3176『逢坂誠二の徒然日記』(4820)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください