3月27日 その3189『逢坂誠二の徒然日記』(4833)

掲載日:2016.03.27

昨日、北海道新幹線が開業した。

朝6時35分、新函館北斗駅で、
東京行の一番列車を見送った。

涙が出る思いだった。

====

国会に初登院してから11年を迎えた。


この間、新幹線問題に継続して取り組んできた。

政権与党のときには、
北海道新幹線の問題に
何とかケリをつけたいと思っていた。

さまざまな努力を重ねた結果、
2012年には、札幌延伸を正式に決定し、
実際の工事にも着手することができた。

これは過去になぜ決断できなかったのか、
その反省を踏まえて、
様々な工夫を重ねた結果の決定だった。

====

町長時代は、さまざまな箇所に陳情を繰り返した。

北海道新幹線などは、

実現不能だと罵倒されたこともあった。

しかし、それでも沿線の皆さんとともに、
粘り強く要望活動を続けた。

鉄建公団のビルにも何度も訪問した。

あの頃のことを思うと、
今でも胸が痛い。

まったく前進の雰囲気が感じられない、
砂を噛むような思いだったが、
とにかく要望を継続した。

====

職員時代は、新幹線に関する要望書を
何枚作成したか分からない。

上司をサポートしながら、要望活動にも随行した。


====

社会に出てからの33年間は、
常に新幹線に関わる日々だった。

昨日は、その取り組みの第一歩が実現した日だった。

何とも感慨深い。



さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.27
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 3月27日 その3189『逢坂誠二の徒然日記』(4833)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください