3月30日 その3192『逢坂誠二の徒然日記』(4836)

掲載日:2016.03.30

東京の朝の気温は10度。

完全な春らしい雰囲気になっている。

日中も20度に達する見込みだ。

冬用の厚手の背広の出番が、
都内ではそろそろ減る場面が多い。


都内の桜の開花も、一気に進むだろう。



1)密度濃く
今日は、早朝から都内のホテルで、
弁護士会の会合に出席する。

その後、午前8時から法務部門会議、
法務委員会理事会、法務委員会、
国会対策役員会、政治倫理に関する特別委員会(倫選特)などが、
隙間なく詰まっている。


法務委員会では質問者となって質疑、
倫選特では法案の提出者となって答弁もある。

朝から晩まで、立法府の一員として、
地元案件はもとより、
国家的な課題にも真正面から取り組むことができ、
本当に有り難いことだ。

こうした活動ができるのも、
地元の皆さんの支えがあるおかげだ。

地元の皆さんへの感謝の気持ちを忘れてはならない。




2)法テラス
今日の法務委員会では、
法テラスに関する改正法案の審議が行われる。

==以下、ウィキペディアからの引用==

従来、日本では、私人間の法的トラブルに直面したとき、市町村役場などの行政
機関や警察に相談することが多く、裁判所などの司法機関や弁護士、司法書士な
どの法律専門職に相談することは少なかった。その原因としては、司法的手段へ
のアクセスの悪さや、手続の煩雑さ、処理の遅さや不透明な費用報酬負担などが

挙げられる。特に過疎地においては、身近に法律専門職がいないことも多く、法
的トラブルの不公平な処理に泣き寝入りする人も多かった。これは、法の支配を
あまねく行き渡らせ、公平な裁判を受ける権利を保障する日本国憲法の理想に反
する状況である。また、行政経費を削減して「小さな政府」を実現するために
も、透明で公正な「法による紛争の解決」がより広く利用される事後統制機能
(行政指導などによる事前統制機能との対比)の充実が求められる。

そこで、このような司法制度利用の障害をなくし、法律専門職によるサービスを

より身近に受けられるようにするための総合的な支援(総合法律支援)を推進す
るため、司法制度改革の一環として総合法律支援法が制定され、この「総合法律
支援」に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的として、総合法律支援法に
より設立された。

法務省などの行政機関のみならず、最高裁判所をはじめとする司法機関、日本弁
護士連合会、日本司法書士会連合会などの法律専門職の職能団体も運営に携わ
る。主たる事務所は東京都に置かれ、資本金は日本国政府が全額出資している。


役職員はみなし公務員となる。全国の都道府県庁所在地と函館市・旭川市・釧路
市の計50か所に地方事務所、地方事務所の支部を計11か所、出張所を計11か所、
地方事務所支部出張所を1か所、地域事務所を計35か所設置している。

また、常勤弁護士もおり、判事・検事と同等の待遇を保障するとされている。理
事長は、弁護士(元日本弁護士連合会会長)の宮崎誠。

法的トラブルについて弁護士等の紹介や費用の立替、情報提供を行う窓口として
の機関であり、法テラス自体が法律問題の相談に応じる訳ではない。


2006年4月の発足より約3年が経過した2009年3月現在の知名度は28%であったが、

その後2014年1月には47.3%と上昇した。

==以上、引用終了==

法テラスは、こんな制度だが、今回の法案では、
この法テラスの役割を拡充する内容となっている。



3)選挙制度
今日、私も提案者の一人となって
既に提出済みの公選法の改正法案に、

さらに一部修正を加え、その法案が議論される。

追加修正の内容は、以下だ。

洋上投票の範囲を拡大すること。

要約筆記者に報酬を支払えるようにすること。

午後の倫選特で議論となるが、
皆さんの賛成を得て何とか成立させたい。



4)運動と睡眠
毎朝4時、あるいはそれよりも早い時間に起床し、

法案の勉強や書類整理に入る。

その後、早い時は午前7時
通常は午前8時前に国会に入り、
国会での活動を開始する。

帰宅時刻は、まちまちだが、

夜の重い会合がなけば、午後8時頃
重い会合があれば午後10時頃の帰宅だ。

こんな生活が続き、
夢の中でも「二度寝の夢」を見る。

睡眠不足が常態化している。


運動不足も重なって、どこかで
もう少し余裕のある生活リズムにしなければならない。




さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.30
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 3月30日 その3192『逢坂誠二の徒然日記』(4836)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください