5月13日 その3236『逢坂誠二の徒然日記』(4880)

掲載日:2016.05.13

夜明け前の東京は、空に雲があるが、悪い天気ではなさそうだ。
今日は夏日になる見込みだ。

1)存分に昨朝は、朝7時代に二つの会合をはしごし、
その後、部門会議、さらに委員会と続いた。
委員会中も三つの打ち合わせが重なる上、民法改正法案の提出者も行った。
その後、昼食勉強会、代議士会、本会議、さらに本会議中の打ち合わせ二件、本会議後の会議と隙間の無い日程となった。

13時45分には、国会から羽田空港に向かい、16時15分に函館空港に着いた。
荷物整理のためいったん自宅に戻り、その後、北斗市内で知人の所に立ち寄ってから、自治労の皆さんに参院選挙の意義などを話した。
その後、再度、函館空港から上京となった。
====
移動の間も、関係者との電話打ち合わせが続いたが、
まさに24時間を存分に走り回った印象だ。
今日も似たような日程となる見込みだ。


2)ヘイトスピーチ対策法案昨日の参院法務委員会で、
ヘイトスピーチ対策法案が可決された。
今日の参院本会で可決後、衆院に送付され、今後、衆院法務委員会で議論される見込みだ。
残された会期は、短い。
この法案は課題は多いが、
ヘイトスピーチ根絶に向けた第一歩でもあり、何とか成立させるべき法案だと思う。
====
法案は、「不当な差別的言動は許されないことを宣言」し、人権教育や啓発活動を通じて解消に取り組むと定めた理念法。

罰則はない。
差別的言動の解消に向け、国や地域社会が、教育や啓発広報、相談窓口の設置など「地域の実情に応じた施策を講ずる」よう定める。

解消すべき差別発言などの対象を
「本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの」
と限定。
「本邦外出身者」、「適法に居住する」との限定によって、
沖縄出身者やアイヌ民族、在留資格を満たさない外国人らへの差別発言を正当化するとの課題もあり、これは削除すべきものと思うが、与党側は応じない。
そこで付則に「必要に応じ、検討が加えられる」とした見直し規定を追加。
さらに「『本邦外出身者に対する不当な差別的言動』以外のものであれば、
いかなる差別的言動であっても許されるとの理解は誤りであり、本法の趣旨、日本国憲法及びあらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約の精神に鑑み、適切に対処する」などの付帯決議をつけ、何とか与野党が折り合ったようだ。
====
このように課題はあるが、
国が差別の存在を認め、対策の必要性を明記したことを評価する声も多い。
保護対象者を「適法に居住するもの」に限定したことについて、
「非正規滞在者に対する不当な差別的言動は許されると解釈もでき、非正規滞在者に対する差別を促進する危険性」

を指摘する声もある。
今回の法案は、全面的に評価できる内容ではないが、これがスタートなる第一歩であることは間違いがない。


さあ今日も、確実に前進します。 

=====================
             2016.5.13
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください