5月20日 その3243『逢坂誠二の徒然日記』(4887)

掲載日:2016.05.20

都内は薄雲が広がっているが、明るい朝だ。

薄雲のため、過ごしやすさを感ずる。

日中の予想最高気温は23度で湿度も低め。

終日、過ごしやすさが続きそうだ。



1)怒涛の会期末
会期末に限らずだが、昨日も記したように、
濁流のような怒涛の日程に翻弄されている。

昨日も、目覚めてから眠るまで、

ボーっと息をつく暇のない密度の濃い一日となった。

今日の法務委員会を迎えるための準備、
クォーター制、非選挙権年齢の引き下げ、
水産振興議連の会合、陳情対応、
部落差別解消法案の国会提出、
本会議、代議士会など、
全力で一日を過ごしている。

この時間の合間を縫って、
今日の法務委員会の質疑準備を行った。


2)法務委員会
衆院法務委員会が、今国会最大の山場を迎える。


再婚禁止期間を100日に短縮する民法改正法案、
ヘイトスピーチ対策法案、
刑事訴訟法改正法案、
これらの法案の質疑、採決が、行われる見込みだ。


その後、さらに部昨差別解消法案の提案理由の説明が行われる。

4本もの法案が、1日で扱われるのは異例のことだ。

非常に窮屈な審議だが、
法案の優先度、残された会期日程などを考えると、
審議引き延ばしをすることは現実的ではない。

特に最高裁から違憲とされた民法改正は成立を急ぐ必要がある。

さまざまな課題はあるが、
野党筆頭理事として国民第一の姿勢で臨みたい。



3)ヘイトスピーチ対策法案

今日、ヘイトスピーチ対策法案について質疑を行う。

質疑の予定ポイントは以下。

====

何人に対してもヘイトスピーチは許されないもの

本法成立の意義は

本法成立によって警察の対応は変化するか

法の対象に、本邦内出身者を加えなかった理由

適法居住者以外の者を対象としなかった理由

ヘイトスピーチを「禁止」としんなかった理由

本法の施行によるヘイトスピーチ対策の実効性は

附則の検討をするための期限と想定される検討内容は

====

こんな点について質疑する予定だ。



4)民法改正案

今日は、再婚禁止期間を100日に短縮する
民法改正案についても質疑予定だ。


質疑予定ポイントは以下。

====
  
無戸籍の実態は

無戸籍となる主な理由は

無戸籍者は、法的にどんな不利益があるか


出生時には、なんら届け出がなければ住民票は作成できないのか

どうすれば、無戸籍者は住民票を作成できるのか


無戸籍者を作らないために法務省は何をしているか

無戸籍の不利益をどのように解消するか


嫡出推定制度の意義は何か
(子どもの法的身分関係を安定させ、
親に養育の責任を持たせる、子どものための制度か?)


年間総出生届のうち、嫡出推定(772条2項)が適用される件数はどれくらいか

200日後規定は、機能しているか

200日以内出産であっても戸籍の窓口では、
嫡出子として、なんら問題なく出生届けを受理しているのではないか
(そうであるならば、この200日後の嫡出推定規定が存在する理由は何か)

300日規定によって、前夫の子との推定が適用された件数は年間どの程度あるのか

19年通知による適用件数はどの程度か
19年通知の意味は何か

100日の算定基準は

100日を残したことは国連からは女性差別であり
さらに改善を求められているが、それに対してはどういう見解か


戸籍副本は、行政文書か

その保存年限は(戸籍、除籍、改正原戸籍など)

公文書管理法の規定(保存期間満了後の廃棄、移管の判断)は適用されるか

====

こんな点を質疑する予定だが、
嫡出推定制度は、色々と課題も多い。

また再婚禁止100日も、
その根拠が必ずしも明確ではない。

今日の質疑で、これらのことについて少しでも、
問題点を明らかにしたいと思う。



さあ今日も、確実に前進します。 

=====================
             2016.5.20
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 5月20日 その3243『逢坂誠二の徒然日記』(4887)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください