5月29日 その3252『逢坂誠二の徒然日記』(4896)

掲載日:2016.05.29

沖縄県南部広域職員研修で講演のため
昨日、沖縄入りした。

一昨日の、羽田空港閉鎖の影響が昨日も続き、
函館発の飛行機が40分も遅れてしまった。

そのため予定の便に羽田で乗り継ぎができず、
那覇到着が遅れてしまった。

それでも私の講演時間には何とか間に合い、
役割を果たすことができ、

ホッとしている。


1)沖縄の研修
沖縄の皆さんとの付き合いは、
もう20年近くになる。

沖縄からニセコに視察にお越し頂いたことを
キッカケとして交流が始まった。

ニセコに来た際に、職員研修の重要さを説明し、
北海道の取り組みも見て頂いた。

その後の沖縄の皆さんの反応は、
極めて早かった。

職員自らの力で、職員研修を行う体制を組織するなど、
極めて積極果敢に研修に取り組んできた。


与那原町では、精緻で体系的な
職員研修が実施されているなど、
今では、北海道の取り組みを
はるかに凌駕している。

昨日は、
この取り組みが軌道に乗ってから10年目の
節目となる勉強会だった。

170名近い皆さんが参加され、
14時から22時過ぎまで、

隙間なく政策形成能力や地域のことについて
様々な意見交換をした。

10年前に、この研修に参加したことによって、
その後の自分の人生が変わったと、
明言した職員がいた。

実に印象的な言葉だった。

この取り組みをさらに10年継続すれば、
沖縄の自治はさらに底堅いものになるだろう。

大いに期待したいし、
沖縄の仲間の皆さんの取り組みを
これからも応援したい。


====

沖縄で少しゆっくりしたいところだが、

明日からの国会に備え、
今夕には東京入りだ。



さあ今日も、確実に前進します。 =====================
              2016.5.29=====================まぐまぐの送信登録・解除は以下。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください