6月5日 その3259『逢坂誠二の徒然日記』(4903)

掲載日:2016.06.05

今日の函館は、明るい朝を迎えた。
日の出は、4時3分。
日没は、19時8分だ。
太陽の出ている時間が15時間あまりにもなる。

====
昨日は、終日、函館市内を歩き回った。
途中で、定例の街宣活動を行い、様々な行事に参加したり、講演なども行った。
密度の濃い、1日となった。



1)新しい判断安倍総理が、またまた奇怪な言葉を連発している。
「新しい判断」だ。
「新しい判断」と言えば、過去の発言の全てがリセットできる魔法の言葉のようだ。
何とも便利で、ご都合主義的な言葉だろう。

====
安倍総理は、過日の会見で、消費税10%増税の再延期について「これまでのお約束とは異なる、新しい判断だ」と発言した。
「新しい判断」という言葉を突然登場させ、4〜5回連発。
しかし、判断を新たにした理由は全く不透明だ。

2014年の総選挙では、リーマンショック級の事が無ければ、消費増税の再延期は無いと断言し、法律から景気判断条項も削除した。
しかし今回は、「新しい判断」に基づき、
消費増税を再再延期するという。
その理由は何か。
リーマンショック級の状態では無いという。
アベノミクスなる経済性が失敗したわけでは無いという。
ところが、何が再延期の理由なのかとの問いには答えない。

「新たらしい判断」を繰り返すのみだ。
何と便利な言葉なんだろうか。
====
今後、安倍総理が何を言っても信ずることはできない。
根拠の不確かな安倍総理の勝手な「新たらしい判断」で、
いとも簡単に前言を撤回できる。

こんな身勝手な総理の言葉を信ずることができないのは当然だ。
それにしても過日の記者会見は酷い。
こじつけと責任逃れを繰り返し、野党批判では勇ましい言葉を並べるばかりで、再延期については何の説明も無い。

もちろん増税しないことは、国民には嬉しいことだろう。
しかし昨夜の医療関係者のとの意見交換の中で、今回増税しないと、医療福祉、社会保障の財源はどうなるのかと極めて多くの不安の声を聞いた。
当然の声だ。

総理自身も、予定された福祉や社会保障の
「全てに」対応できないと発言しているようだ。
理由もなく増税はしないが、福祉や社会保障への影響についても何らの説明が無い。
今回の記者会見を見ていると、改めて安倍総理の言葉も行動も無責任と言わざるを得ない。


さあ今日も、確実に前進します。 =====================              2016.6.5
=====================まぐまぐの送信登録・解除は以下。http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 6月5日 その3259『逢坂誠二の徒然日記』(4903)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください