6月7日 その3261『逢坂誠二の徒然日記』(4905)

掲載日:2016.06.07

東京は、空一面に雲が広がっている。
雨が降る様子はないが、どんよりとした雰囲気だ。
湿度も高い。
都内で用務があり上京したが、
朝のうちに帰函する。

1)問題が違う東京都の舛添知事の政治資金の使途に関し、記者会見や弁護士の調査が行われるなど、スポットライトが当たっている。

その内容は、違法ではないが、適切ではないものがあるとのことのようだ。
これはこれで大きな問題であり、言及するのもくだらないほどの呆れた内容だ。
しかし、もっと見過ごせない問題がある。

====
甘利前大臣のことだ。
舛添知事問題に隠れて、ニュースの扱いが相対的に小さくなっているが、これはあまりにも酷い。

甘利前大臣が、昨日、政治活動を再開する旨の考えを明らかにした。
国会閉会直後のこのタイミングでの発表は、あまりにもご都合主義だ。

この1月、自身や秘書の金銭授受問題で閣僚を辞任した。

しかしその後、甘利前大臣は、何も説明もしてない。
しかし睡眠障害とやらで、この間、国会には一切来ていない。

もちろん病気で国会を休むことは、
当然あることだ。
しかし甘利前大臣の場合は、単なる病気ではない。
自身の疑惑発覚に伴う病気だ。
そして今回、国会閉幕直後の政治活動再開発言だ。

国会での追求の手を逃れるため、睡眠障害という都合の良い病名で、時間稼ぎをしたのではないか。
そんな疑いを持たざるをえない、昨日の発言だ。

あまりにも見え見えの感がする。

睡眠障害とはどんな病気か判然としないが、こんなにタイミング良く完治するのだろうか。
これまで国会との接触を一切行っていなかった。
今回の突然の復活は、
国民と国会を愚弄している印象を強く受ける。
====
舛添知事問題は、あまりにも低レベルで、そんなことに都政の時間を費やしている現状は嘆かわしい。
しかし、甘利前大臣の問題は金銭疑惑も酷いうえ、大臣辞任後の対応も酷すぎる。

いずれの問題についても、のらりくらりと、時間稼ぎをするということなのか。
これは、あまりにもあまりにも酷い対応であり、国会の委員会などを早急に開催し、
甘利前大臣をはじめ関係者からしっかりと話を聞くべきだろう。

そして甘利前大臣が元気になったのなら、TPPについて、交渉当事者として、答弁対応に応ずるべきだろう。



さあ今日も、確実に前進します。 
=====================              2016.6.7=====================まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください