6月14日 その3217『逢坂誠二の徒然日記』(4914)

掲載日:2016.06.14

昨日も、函館市内を走り回った。
いつもの朝の街宣活動は、開始直前に雨になった。
過日の街宣は、雨が強くなって途中で切り上げざるを得なかったが、昨朝もそんな心配をしたが、途中で小降りになって、
何とか2時間の予定をこなすことができた。


1)充実しているとは言い過ぎだが・・・日々地元を歩き回っている。
もちろん各地域、各分野を十分に回れているわけではないが、それでもとにかく、多くの方の話を聞きたいと思って、
慌てず丁寧に歩いている。
そんな中で、色々な話を聞かせていただいている。
解決の糸口が見える案件もあるし、全く対処方法がない、そんな案件も多い。
だがとにかく多くの方にお会いし、話を伺うことで、
視界が広がる雰囲気を感ずる。
案件を抱え込むわけだから視界が広がるのは変な話かもしれない。
だが数多くの課題問題について話を伺えるのは、嬉しいことだ。
そんな地元活動に関して、
充実しているとは言い過ぎだが、そこはかとない充実感を感じている。
多くの皆さんとの出会いに感謝しつつ、このそこはかとない気持ちをもっと確実な充実感に変えていけるよう、
さらに丁寧に地元活動をしなければならない。


今日は、東京で対応すべき案件をこなし、明日、帰函となる。
さあ今日も、確実に前進します。 
=====================              2016.6.14=====================まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください