6月30日 その3233『逢坂誠二の徒然日記』(4930)

掲載日:2016.06.30

今日も午前4時から活動を開始した。
函館では実に綺麗な日の出を見ることができた。
昨夕も午後7時過ぎ、オレンジの沈む太陽を眺めることができた。
夕日、朝日、2日続けて接したのは、
実に久々のことだと思う。
早朝から外で仕事をし、日没まで外にいた子供時代、朝日、夕日を眺めるのは日常の当たり前のことだった。
そんな当たり前のことに感動する今の生活をちょっと残念に思う。
====

午前4時、青空の広がる函館だったが、
時間の経過とともに霧が広がってきた。
昨日も霧で、函館空港への飛行機が着陸を3度も繰り返したという。
何とも大気の状態が不安定だ。

1)渡島管内昨日も終日、鉢呂吉雄さんと行動をともにした。

早朝から水産市場と朝市を回る。

午前8時から遊説開始。
函館、七飯、鹿部、森、八雲、長万部を走り回った。
北海道全体が選挙区になる参院選挙の遊説は大変だ。
12日間で渡島桧山管内を回る衆院選挙だって、
相当な強行軍だ。

ところが参院選挙は、18日間で全道を回ることになる。
お邪魔できないところも多いし、せっかく訪問しても滞在時間はごく限られてしまう。
昨日も各地で、多くの皆さんに出迎えて頂いたが、演説時間が短くて本当に申し訳なく思う。
大慌て10分間で、ご飯をかき込んで昼食を済ませ、
選挙カーに飛び乗ったが、それでも時間が足りない。

選挙戦も今日を含めて10日間となった。
時間との戦いが続く。
私も鉢呂吉雄選対の本部長として、今後も選挙戦への対応が続く。


2)農政
今回の遊説では、以前にも増して農政への不安、不満の声が多い。
当然なのだと思う。
JAの力と農業委員会の力を弱め、農地の企業所有の方向が打ち出される。
政府与党のこんな政策の中で、
農業者の皆さんの不安は募る一方だ。

加えてTPPが、不透明な中で進められるし、生乳の指定団体制度廃止の方向も見え隠れする。
今の政府与党の農業に対する方針は、資本家に都合の良い農業を目指している。
協同組合の精神とは真っ向対立する内容だ。

これでは農家の皆さんの不満が募るのは当然だ。
かつての自民党は、地方や田舎、一次産業、中小企業の味方だったように思うが、現在は、都市と大企業の味方に転換している。

これでは日本の多くの地域が生き残っていくことは難しい。

今回の選挙では、こうしたことに対する不満の声が噴出だ。
あくまでも地方や、一次産業、中小企業の立場で、政策を推めることが私の基本方針だ。


さあ今日も、確実に前進します。=======================              2016.6.30=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください