7月16日 その1810『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.07.16

昨夜、奥尻から都内入りした。
多少雲があるものの、
青空の広がる朝を迎えた。
昨夜は、蒸し暑さのため、
寝苦しく何度も目が覚めてしまった。
加えて朝の4時30分過ぎには、
小さめの地震があった。

予想最高気温は、なんと34度だ。
昨朝の奥尻の爽やかさとは、
比べようもない天候だ。

1)新エネルギー政策の決め方
2030年に、
どれだけ原発に依存するのか
といったエネルギー政策について、
国民の声を聞く、政府の意見聴取会が、
14日、さいたま市からスタートした。
8月4日まで、全国11カ所で開くという。
政府はこれらの意見を参考に、
8月末に新しいエネルギー政策を決める方針だ。
====
4月29日:三つの選択肢を決定
7月2日~8月12日:
パブリックコメント実施中
7月14日~8月4日:
全国11箇所で
国民からの意見聴取会を開催
7月~8月上旬:
討論型世論調査を実施。
8月4~5日、東京で300人が集まって議論
8月末:
政府が新たなエネルギー政策を決定
政府は以上の手順で、
新たなエネルギー政策を決定するという。
今回の意見聴取会は、その一環だ。
====
政府は、2030年の原発の割合を
「0%」、「15%」、「20~25%」
とする三つの選択肢を決定した。
このなかから2030年に
目指すエネルギー政策を決めるという。
さいたま市の聴取会には、
約170人が参加したと報じられている。
====
ところがこの意見聴取会の模様を聞くと、
どうも制約が多い感じがする。
会場で、意見を述べることができたのは、
事前に抽選で選ばれた9人だけだったという。
これは政府が、
自由に意見を語り合ってもらうことを避け、
選択肢ごとに3人ずつ選び、
それぞれ約10分間ずつ話す方法にしたからだという。
また選択肢に対する質問を行うこともできないし、
どの選択肢も均等に3人が発言すると言う。
514人が参加を申し込み、
発言希望者は309人で、
「0%」が239人、
「15%」が30人、
「20~25%」が40人だったという。
こんな分布になっているのに、
それぞれの選択肢に対し均等に3人から話を聞くことで、
意見聴取と言えるのだろうか。
仮に、我が党内で議論する際に、
こんな方式を採用することで、
党内国会議員が納得するはずはない。
それを考えると国民も同様だろう。
この方式には、
自由な討論とは言い難い印象を受ける。
この政府の方式だと、
意見を述べた人どうしが議論したり、
ほかの参加者が考えを述べたりする機会はない。
参加者は、
消化不良との印象を受けるのではないか。
しかも、今回の意見聴取では、
使用済み核燃料の処理方式や、
核燃料サイクルについては、
対象としないとも聞く。
現在の原子力発電の大きな問題となっている、
この二つの課題を対象にしないで、
本当に適切な選択肢が決められるのだろうか。
疑問と言わざるを得ない。
====
政府では、今回の意見も含め、
総合的に判断し、
国民のみなさんの意識を判断するというが、
結局はガス抜きとも受け取られ兼ねない位置づけだ。
8月末にエネルギー政策を最終決定するのは、
野田総理や枝野大臣らによる「エネルギー・環境会議」だが、
もっと丁寧に真摯に国民意見を伺うことをしなければ、
国民の不満は、どんどん高まるものと思う。
====
2回目となる昨日の仙台での意見聴取会は、
さらに悲惨だったようだ。

抽選で選ばれた9人の発言者の中に、
東北電力や原発推進団体の幹部2人が含まれており、
会場が騒然となったという。
本来、各案それぞれ3人が発言する予定なのだが、
昨日は進行側の手違いで、
0%案4人、15%案2人、
20~25%案3人が発言したという。
聴取会には175人の参加応募、抽選で130人を選定。
意見表明を希望したのが93人、
0%案が66人、
15%案が14人、
20~25%案が13人だったという。
発言希望にこれほど差があるのに、
無理して発言者のバランスを取ろうとしており、
奇異に感ずる。
しかも、東北電力や
その幹部OBによる原子力推進団体の発言は、
広く国民の意見を聴くと言う観点からは、
相当な違和感のあるものだ。
意見聴取会は今日、名古屋市内でも開かれる。
こんな意見聴取会を繰り返すなら、
国民の信頼は得られない。
政府の猛省を促す必要がある。
====
全国11カ所での意見聴取会の予定
14日午後3時 さいたま市
15日午後3時 仙台市(参加受け付け終了)
16日午後1時半 名古屋市(参加受け付け終了)
22日午後1時 札幌市
   午後1時 大阪市
28日午後1時半 富山市
29日午後1時 広島市
  午後1時 那覇市
8月1日午後2時半 福島市
  4日午後1時 高松市
    午後2時 福岡市
※申し込みは、http://kokumingiron.jp/

2)4号機
昨日の産経新聞記事によれば、
東京電力は今月中に、
福島第一原発4号機の燃料貯蔵プールに保管されている
未使用の燃料2体を試験的に取り出すという。
これは燃料の被覆管の損傷状況などを調べ、
平成25年末までの着手を目標としている、
貯蔵プールからの使用済み燃料の
取り出しに備えるためだという。

====
4号機の貯蔵プールには、
1535体の燃料集合体がある。
204体は定検後に使用予定だった未使用の燃料だ。
今回は、このうち2体を取り出すという。
4号機の水素爆発による損傷は、
燃料プールのある5階より下の3階部分にまで及んでおり、
今後の耐震上の懸念は事故のあった4機の中で最も深刻だという。
万が一、今後の地震などでプールが崩れるようなことがあれば、
燃料が野ざらし状態になることも否定できない。
そうなれば「手の施しようはない」
との東電の言葉が報道されている。
燃料を冷却するためには水中に入れておく必要があるが、
プールごと崩れた場合、燃料を冷却することができなくなり、
深刻な状態になるからだ。
そのため東電では、
昨年、プール底部などの補強工事を行い、
耐震性は約20%向上したという。
しかし、危険であることに変わりはなく、
万が一の事態になった際の影響は想像を絶するものだろう。
今回の燃料棒2体の試験取り出しが予定通りどおり進んだとしても、
4号機の燃料プールからの
燃料棒の取り出しの「着手」目標は平成25年末だ。
つまり本格取り出し作業は、平成25年末以降なのだから、
我々はそれ以降も、
燃料プールの倒壊とういう危機と背中合わせにいることになる。
====
1~3号機の燃料はメルトダウン等の状態で、
それはそれで、
今後どう対処すべきか対応が不確実で危険なものだが、
核燃料プールも相当に危険な状態であることを認識する必要がある。
この燃料集合体2体の取り出し作業日程は、
核物質防護上の問題があり事前公表はしないとのことだ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・7・16 Seiji Ohsaka
=============
マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください