7月21日 その3254『逢坂誠二の徒然日記』(4951)

掲載日:2016.07.21

台湾滞在を終えて、今日帰国する。
初の台湾訪問だったが、懸案だった知人との面談などを行い、充実の時間を過ごさせて頂いた。
日程の都合上、台北のみの滞在で、
台湾全体の雰囲気に触れることはできなかったが、多少なりとも台湾のエッセンスに接することができた。
改めて言うまでもないことだが、海外を訪問することは、その地域の歴史や文化、あるいは社会情勢などを知ることが大きな目的だ。

加えて他地域を知ることによって、逆に日本を見つめ直すことも重要な目的だ。
今回もその目的がしっかりと達成されたと思う。

====
今回の訪問で、台湾も日本も、自分たちの地域の文化や生活のあり方に、もっと自信を持つべきことを改めて痛感した。
ともすれば私たちは、隣の芝生は青く見えるではないが、
自分たちの生活のあり方よりも
他地域の方が良いと勘違いする場面が多い。
特に経済的合理性に翻弄されるなどによって、他地域や他国の文化や生活スタイルを安易に受け入れている。
しかし、そのことが自分たちの持っていた本来守るべき貴重な価値観を崩壊させていることが多い。

さらに問題なのは、守るべき貴重な価値観を崩壊させているのに、他地域のものを受け入れることによって、私たちの文化や生活が逆に向上していると、実に素直に思い込んでしまうことだ。
台湾には、日本にはない良さが極めて多いし、
それに対して自信と誇りを持つことが重要だと思う。

日本においても、そうしたものは沢山あるが、そうした貴重な価値観を安易に手放している。
日本全体としてもそれを強く感ずるし、
日本の地域づくりにおいては、なおさらそのことを痛感する。

私たちは、もっともっと自分たち本来の良さや、一見、非合理的と思われる文化や生活スタイルの中に真の価値が存在していることを知るべきだと思う。
====
今回の台湾滞在では、
私の大好物の麺を堪能した。

昨夜の滞在中最後の夕食も近所の小さな食堂で麺を食べることにした。
台湾に来て以来、繊維質の摂取が少ないと感じて、昨夜は、野菜入りと思われる「菜肉大うどん麺」を注文した。

「大」という文字がちょっと気になったが、メニューには、「各式麺類大碗加20元」とあった。
つまり大盛は20元増しとのことだ。
そのため「大うどん」とは大盛ではなく、
多分、太い麺だろうと勝手に解釈をして注文した。
ところが実際に出てきたのは、巨大なワンタンののった中太麺だった。
何かの間違いかと思ったが、よくメニューを見ると
「饂飩」ではなく「餛飩」とある。
つまり私が注文したのは、「菜と肉で作った大きなワンタンをのせた麺」ということだったらしい。
食堂では、こんな勘違いが多いが、これもご愛嬌だ。


今日は帰国後、議員会館で仕事を行い、明日帰函する。

さあ今日も、確実に前進します。=======================
              2016.7.20=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください