8月3日 その3267『逢坂誠二の徒然日記』(4964)

掲載日:2016.08.03

昨夜半過ぎから、激しい雨のため何度か目が覚めた。
あまりにも激しすぎるため、豪雨状況をネットで確かめた。

するとゲリラ豪雨の雲が都内のあちらこちらに点在している。
時間何ミリの雨かは分からないが、午前3時近くまで、断続的に豪雨となった。

日中も大気の状態が不安定なため、
激しい雨のおそれがあるようだ。

1)審議のない国会昨日も書いたが、今国会は審議のない国会だ。
政府与党が審議を避けたとしても、
せっかく国会が招集されたのだから、この機会を利用して、質問主意書を提出している。
イラク戦争に対する日本政府の評価、福島第一原発の汚染水問題、戦前の北方領土に関わる漁業権の問題など、これらについて質問所を提出した。

また拡張現実(AR)などを利用したポケモンGOに関し、
総務部門会議を開き、内閣府、総務省、消費者庁からヒアリングを行い、議員間で意見交換をしている。
函館では港まつりの真っ最中だが、国会開会中は、国会議員の集う貴重な機会だ。

政府与党が審議避けようとも、この時期にしかできない政策議論を確実に積み重ねたいと思う。

2)代表選挙
昨夜、民進党の衆参全議員が集う
両院議員総会が開かれ、代表選挙の日程が正式に決定した。
公示は、9月2日(金)、投票は、9月15日(木)となる。
今回の選挙は、
党員、サポーターの皆さんも投票可能だ。
国民の皆さんの思いを確実に受け止められる民進党となるため選挙選に向け活発な議論が進むことを期待したい。

3)補正予算
政府は昨夕、経済対策を閣議決定した。

リニア中央新幹線の整備を最大8年前倒。
年金の受給資格の25年から10年への短縮。
大型クルーズ船向けの港湾を整備。
(函館港での整備要望を行っていたものだ)

全国での農林水産物の輸出拠点整備。
これらが盛り込まれることになりそうだ。

事業規模は28.1兆円と言われ過去3番目の規模。

事業規模が大きいように見えるが、国と地方の直接の歳出(いわゆる真水)は7.5兆円。
国の支出は6.2兆円で地方負担は1.3兆円となる。
真水の少ない水ぶくれ予算となる可能性が高い。

また予算計上も、今年度補正で一気に行うわけではない。
4兆円を2016年度の2次補正予算案で、
残りを17年度の予算案や特別会計で手当てすると言う。
これでは補正の勢いも、即効性もない。
それなのに28兆円規模というのは、まやかしだ。
財源不足は、建設国債で賄うという。
====
リニアの8年前倒しは、嬉しいことのように思うが、
JR北海道が路線再編方針を打ち出す中、一方で、こうした巨大事業に国費が投入される。
この国家のアンバランスも大問題だ。
今回の経済対策と補正予算を見ていると、
安部政権の経済対策が
健全性を失っていることがよく分かる。

さあ今日も、確実に前進します。=======================
               2016.8.3=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください