8月10日 その3274『逢坂誠二の徒然日記』(4971)

掲載日:2016.08.10

ここ数日に比較すれば、函館は涼しい朝をむかえた。
部屋に吹き込む風は秋の雰囲気だ。
だが予想最高気温は29度。

昨日よりも1度低いが、まだ残暑は続く。

1)未体験かも昨日の都内の最高気温は38度程度。

多少風のある天候だったが、これほど気温が高いと、風が吹いても全く涼しさを感じない。
もわぁ〜っと暑い風が体にまとわりつき、
爽やかさよりも、重苦しい気分になる。
通りすがりの幼稚園では、子どもたちがプール遊びに歓声をあげていたが、
ビニールプールの水もぬるそうな感じだ。

こんな気温では、水分補給は欠かせない。
鞄には、500ミリのペットボトルを入れて移動した。
もしかするとこんな暑さは、私にとって未体験のことかもしれない。

東京で予定の用務をこなし、慌てて北海道に逃げ帰った。

2)イラク戦争2003年のイラク戦争を日本政府は支持し、米英などともにその戦いに加担した。

あれから13年が経過し、イギリスは、あの戦争は誤りであったとする報告書を公式に発表した。

戦争前の見込みに反し大量破壊兵器もなかった。

逆に今の国際テロ組織を生み出すキッカケを作ったのだから、戦争に突入したのは誤りだったと判断するのは、当然のことのように思う。
イギリスの報告書では、
開戦前にあらゆる手段を尽くしたとは
言い難いとも指摘している。
戦争を仕掛けたアメリカでも、イラク戦争は誤りだったとの指摘が多い。
====

そこで、短い今回の臨時国会だったが、
政府に対し、イラク戦争を再検証し、その評価を見直す考えはないかとの質問趣意書を提出した。
ところが政府からは、今でも妥当だと考えていることと、改めて検証することはないとの答弁が来た。

これは、昨日、お知らせしたとおりだし、日本経済新聞にも取り上げて頂いた。
====
しかし改めて思う。

イラク戦争に関わった、米英など主要国で、
あの戦争は間違いだったとの判断がされているのに、なぜ日本政府は、そのことが気にならないのだろうか。
他国からどんな客観的な事実が出たとしても、
日本の判断が正しいと言い張るのだろうか。
言い張るとするなら、その根拠は何か。
改めて問わなければならない。

====
自国の行いを、冷静に分析できないこの国が、安保法制なるものを掲げて、他国と一緒に集団的自衛権を行使するという。
こんな危ういことはないだろう。

2003年当時は、判断が誤っていたとしても、日本の自衛隊は、戦闘の現場に原則的に行くことはなかった。
しかし安保法制が、強行的に成立した今後は、自衛隊が戦闘の現場には行く可能性が、以前よりも明らかに高まる。

冷静に判断できない政府の意向で、戦闘の現場に赴くことぐらい危うく、愚かなことはない。
====
安倍総理は安保法制に執着した。

ならばそれを発動させる根拠、情報収集、判断にも最大限執着すべきと思うが、過去を冷静に検証できないものに、それを望むのは極めて難しいことだ。

使うための能力が備わっていないものに、刃物を持たせることぐらい危険なことはない。

さあ今日も、確実に前進します。
=======================
               2016.8.10=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

iPadから送信



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください